上海の旅行・ホテル 記事

水滸巡礼~108の足跡~孔明(こうめい)

 

suiko-v1

suiko-v2

豪傑を照らす山塞の昴
孔明(こうめい)

ゆかりの地 山西省晋中市平遥県
あだ名 毛頭星
職業 歩兵軍将校
宿星 地猖星

山東省青州市出身。裕福な地主の家系に生まれ、地元で弟の孔亮(こうりょう)とともに村を取り仕切っていた。宋江と武松に出会ったことがきっかけで、梁山泊を知る。その後、呼延灼に捕縛されたところを梁山泊に救われ、兄弟で入山。最期は杭州で病死した。

青州の金持ち兄弟
星に導かれた運命

孔明は山東省青州市出身。青州を代表する富豪・孔太公の息子で、地主として弟の孔亮とともに地元で幅を利かせていた。あだ名の「毛頭星(もうとうせい)」とは中国で不吉な星とされる「昴」を表す。頻繁に騒ぎを起こす乱暴者であったため、こう呼ばれていた。

suiko-v3

平遥牛肉。塩漬けした牛肉を煮込んだもの。清の西太后もその味を絶賛したという

ある年の冬、弟の孔亮が白虎山の居酒屋で行者の男に殴られ、谷川に落とされた。これを知った孔明が、すぐに手下の者たちを引き連れて男を探しに行くと、泥酔して川にはまっている男を発見。孔明は男を捕縛し、屋敷に連れて帰ると、目を覚ますのを待ってから鞭で激しく打った。しかしそこへ、偶然この地を訪れていた宋江が通りかかり、男の顔を見て鞭打ちを止めさせる。男は虎殺しで有名になった義弟の武松だったのだ。孔明は平伏し、彼をもてなして友誼を交わすと、再び旅立つ2人を見送った。

その後、村で殺人を犯してしまった孔兄弟。山賊に身をやつして白虎山に籠もっていたが、山賊退治に来た青州城の軍と戦った後、呼延灼将軍に捕縛されてしまう。ところがその時、梁山泊軍が呼延灼を追い、青州までやって来た。孔明らは梁山泊のかつてのよしみで彼らに助けられ、歩兵軍の将校として迎え入れられた。

入山後は、弟とともに数々の戦に参加。方臘の戦いでは、乞食に変装して場内侵入し、敵軍を攪乱させ、勝利に貢献した。最期は杭州の戦いの最中、疫病にかかって死亡した。

suiko-v4

世界遺産に認定されている平遥古城。明、清代を代表する城郭や街路の配置、住居などの古建築が残されている

孔明らが遼国戦争で訪れた地、山西省晋中市平遥県。山西省の中部に位置するこの地は、清代、山西商人が活躍し、金融の地として繁栄した。孔明が来た時は、この地の空に、梁山泊の勝利を表すかのように、昴が輝いていたことだろう。

【アクセス】
①上海浦東/虹橋空港から空路にて太原無宿空港まで約2時間
②上海駅から太原駅まで、快速列車で約14時間半、硬座180.5元。太原駅から平遥駅まで快速列車で約1時間半、硬座14.5元

suiko-v5

~上海ジャピオン2014年7月25日号

上海の旅行・ホテル 過去の記事

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。