上海の旅行・ホテル 記事

水滸巡礼~108の足跡~李応

suiko_v01

ゆかりの地 山西省晋城市陵川県
あだ名   撲天鵰
職業    金銭食糧担当
宿星    天富星

山東省菏澤市出身。同省にあった李家荘(りかそう)の大地主。
隣村の祝家荘(しゅくかそう)と梁山泊との戦に巻き込まれ、宋江らの画策で仲間入りする。
手下の杜興(とこう)と活躍。方臘の戦い後は、再び李家荘に戻り、裕福に暮らした。

suiko_v02

李家荘の義に厚き地主
梁山泊兵から再び村民に

李応は、山東省にあった李家荘の大地主。領民に財を分け与え、よく慕われていた。飛び道具「飛刀」の扱いにも長け、好漢だったことから、天を撃つ鷹を意味する「撲天鵰(ぼくてんちょう)」の名で呼ばれた。

ある日李家荘に隣接する祝家荘が、梁山泊と対立。李応は山賊の集団とされていた梁山泊を良く思っておらず、宋江から援軍を頼まれても断り、中立を保っていた。その後、梁山泊が祝家荘を敗ると、宋役人を名乗る人間が、梁山泊と繋がっていた罪で李応を捕えにやって来た。ところが護送途中、藪の中から飛び出してきた宋江と李逵が役人を追い払い、李応を山塞に連れ去る。しかし、役人も梁山泊の人間が扮したもので、すべては李応を仲間に引き込むための宋江の策だった。

suiko_v03
2011年のドラマ『水滸伝』での李応。白建材が演じる

初めは無理に梁山泊に連れて来られた李応だが、宋江が説く打倒宋王朝の志に感服し、彼らの下で働くことを決意。戦に出ては得意の槍や飛刀で、敵軍を一掃。方臘の戦い後、武功を挙げた褒賞として、中山府の統制官に人名されたが、李応はこれを返上する。最期は故郷に戻り、再び大地主となった。

李応が田虎討伐戦で攻略した晋城市陵川県。囲碁の故郷として知られる。李応ら梁山泊軍はこの地で田虎を負かし、新時代への新たな布石を打った。

suiko_v04

【アクセス】

①上海虹橋空港から空路にて長治王村空港まで約2時間
②上海駅から晋城駅まで、快速列車で約6時間半、硬席91元

suiko_v05

~上海ジャピオン2014年10月10日号

上海の旅行・ホテル 過去の記事

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。