上海の旅行・ホテル 記事

水滸巡礼~108の足跡~張清

suiko_01

ゆかりの地 山西省長治市壷関県
あだ名   没羽箭
職業    騎兵軍将校
宿星    天捷星
河北省出身。東昌府(現山東省聊城市)の将軍。副将に龔旺(きょうおう)と丁得孫(ていとくそん)を従えていた。東昌府を襲撃してきた梁山泊の索に嵌り、仲間入りする。入山後は、騎馬軍八驃騎の1人として活躍。最期は方臘の戦いで戦死。

suiko_02

百発百中の石つぶて
敵軍の女将軍と結婚

張清は、梁山泊近くにあった都市、東昌府の将。袋に入った「石つぶて」を武器に、まるで流星のように投げ飛ばして敵を倒したことから、羽のない矢を意味する「没羽箭(ぼつうせん)」のあだ名で呼ばれた。
ある日、東昌府に梁山泊が攻めてきた。張清は彼らを迎え撃つ。騎馬で攻めてくる梁山泊軍の郝思文(かくしぶん)を目がけて石を飛ばしたあと、郝思文は落馬。その後、呼延灼(こえんしゃく)に楊志(ようし)、関勝(かんしょう)など、山塞の猛将たちが攻撃してきたが、すべて石つぶての前に倒れた。そこで正攻法では勝てないと判断した公孫勝(こうそんしょう)は、道術を使って辺りを暗くさせ、彼を捕えた。
最初は抵抗していた張清だが、宋江の打倒宋政府の志に感銘し仲間入りする。騎馬軍に配属された張清は主力として活躍。田虎討伐戦では、敵で同じ投擲武器の使い手であった女将軍・瓊英(けいえい)と結ばれる出来事も。その後、方臘の戦いで敵将の槍に突かれ、戦死。
張清が田虎討伐戦で訪れた山西省長治市壷関県。同省の南東部に位置するこの地は、壷関大峡谷を擁する。古来、羊肉のスープ「壷関羊燙」が有名だ。張清たちが来た時も、豪傑たちの腹を満たしたことだろう。

suiko_03
電光石火の石つぶて

張清の投石攻撃は、日本の小説『銭形平次捕物控』に登場する銭形平次の技、投げ銭のヒントになったという

suiko_04
【アクセス】
①上海虹橋空港から空路にて長治王村空港まで約2時間
②上海虹橋駅から鄭州駅まで高速列車で約7時間、2等席236.5元。鄭州駅から長治駅まで快速列車で約5時間、硬座38.5元

suiko_05

~上海ジャピオン2014年10月24日号

上海の旅行・ホテル 過去の記事

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。