上海の旅行・ホテル 記事

ゴーイング☆ハイウェイ~国道310号③

640ゴーイング-1 640ゴーイング-2

歴史が詰まった要塞

オレはウルフ。ロードバイク好きの留学生。中国の国道を自転車で旅してるんだ。う~ん、今日もいい天気。そうそう、昨日商丘市の航空地図を眺めてたら、面白そうな場所を見つけたから行ってみないと。なんかこう、四方を水堀と塀にぐるっと囲まれている、要塞みたいな所なんだけど、天守閣や城っぽくないし…。1つの街みたいに、小さな建物が密集しているんだよな。ちょっとRPGに出てくる隠れダンジョンみたいじゃない?

おおっ、想像以上に広い。ここ「商丘古城」は約4000年前からあるんだけど、色んな時代の城や都の建物が現存しているんだって。で、そういう場所で唯一、水に囲まれていて、街の道路が八卦状に伸びているところなんだとか。数千年の歴史がここに詰まっているなんて、スゲーロマンがあるな。

 

 清廉潔白なキャラクター

ちょっと後ろ髪引かれつつ商丘市を後にして、次に目指すは開封市。開封と言えば北宋期の首都、かつて世界最大級の都市だったところだよな…見どころいっぱいありそう。

よし、到着したぞ。まずは北宋の政治家、包拯が建てたという「包公祠」に行ってみよう。包拯は清廉潔白な官吏として知られていて、今でもすごい人気なんだよな。確かに「公民正大」って書かれた包拯の像を見てると、悪いことはできないって感じ。オデコにある月のマークが特徴なんだけど、なんで月の印があるかは諸説あって、自分で書いたとか、馬に踏まれたとか言われてるんだって。さ~て、じゃあ残りの観光は明日にして、今日は宿を探すとしよう。さあ、次の街を目指してゴーイングハイウェイ!

640ゴーイング-3

~上海ジャピオン2017年8月4日発行号

上海の旅行・ホテル 過去の記事

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。