上海の旅行・ホテル 記事

ゴーイング☆ハイウェイ~国道310号⑪

648ゴーイング-1 648ゴーイング-2

動物がテーマの街?

オレはウルフ。ロードバイク好きの留学生。中国の国道を自転車で旅してるんだ。今日は宝鶏市の観光地で、鳴くと吉兆だと言われる石のニワトリがある「鶏峰山」に来てみたぞ。あっいた、ニワトリのオブジェ。もしかしたら鳴き声が聞こえるかも…とちょっと待ってみたけど、やっぱ何も聞こえないか(笑)。この山、ほかにも「黒虎橋」や「神亀探海」、「黒牛鼻孔」なんて動物の名前が付いたスポットがたくさんあって、何だかメルヘン。おとぎ話に出てきそうな感じだぜ。

それからここ宝鶏は、かの有名な「炎帝」が生まれたところなんだよな。炎帝は、日本では薬や農業の神様「神農」として知られている人物。この人の頭にもバッチリ、ウシの角が付いていて…ここの人は、昔から動物好きだったんだろうか。

 

 自然が作り出す奇観

さ~て、いよいよ国道の終点、天水市に向け出発。最後に見たいのが、1500年以上も前に作られた石窟寺院「麦積山石窟」だ。結構山奥にあるから、バイクで行くのに一苦労…ひ~、やっと見えてきたぞ。わ…スゲエ。断崖絶壁の1枚岩に掘られた無数の仏像と、網の目のように張り巡らされている通路。遠くから見るだけでも圧倒されるなあ。その近くにある「仙人崖」ってところは、まるで崖に津波が押し寄せるような形で、上部分が前にせり出している岩肌がホント壮観。自然が作り出した美しい景色は、マジ何度見ても飽きねぇな。ここまで来たかいがあったってもんよ…。最後にじっくり見て回ってから帰るとしますか。さあ、次の街を目指してゴーイングハイウェイ!

648ゴーイング-3

~上海ジャピオン2017年9月29日発行号

上海の旅行・ホテル 過去の記事

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。