上海ジャピオンの特集 記事

迷子を救え! 中国人の道案内

特集-P1_01

特集-P2

丁寧な道案内にビックリ

 では、早速迷子に扮して道を尋ねてみよう。今回のルートは「陝西南路」駅付近から、「瑞金医院」まで。普通に歩けば約15分の距離だが、途中道を南北、東西にそれぞれ2本挟み、やや複雑。道を教える側の技量が問われるコースだ。

記念すべき1人目は、淮海中路で信号待ちをしていた、ランニングシャツが眩しい60歳代のおじいちゃん。編集班の拙い中国語に面食らったのか、最初は上海語で何かをつぶやいていたものの「1回だけ右折すればよいルート」と「バスに乗るルート」という、的確な案内をしてくれた。これは1回目から調子がいい。

念のため、さらに数人に道を尋ねる。次のターゲットは、タクシー待ちをしているお姉さん。「えーと、とにかくこの道を真っ直ぐ、突き当りまで行って左」とのことだが、そうすると目的地の倍以上南に進むことに…。何はともあれ、教えてくれて感謝である。3人目のサラリーマン風お兄さんは、身振り手振りでかなり正確に道を示してくれた。みんなやさしい!

場所が近いと指示が雑

 さて場所を変え、病院まであと500㍍のところで再び道を問う。小さな娘さんを連れたお父さんは「多分、目の前の道を左だ。よくわからんけど」と自信なさげ。次に聞いたマダムは「あの道を左に真っ直ぐ、もうすぐそこよ~」とニコニコ。トドメのお兄さんは「あっちだよ」と答えてくれた。…どうやら、目的地が近いと、道案内も雑になるようだ。

というわけで難なくゴールの病院に到着。途中話しかけた6人全員が道を教えてくれるという、好成績に驚きだ。中国の人は本当に親切だ…と思わず涙が出そうになる取材班であった。

特集-P2_03

 

2.5㌔の距離に挑戦

続いては「陝西南路」駅から、有名な建築物「武康大楼」までにトライ。淮海中路をずっと東進すれば着く簡単な道のりだが、軌道交通2駅分の距離がある。遠い場所でも、通行人はちゃんとナビゲートしてくれるのだろうか?
先の挑戦で、すっかり調子に乗っていた取材班、意気揚々と男子グループに話し掛ける。と、「あ? ごめん知らない」との返事。まあ知らないなら仕方がないか…と、次の40代夫婦に聞いても「聞いたことがないなあ、ごめん」と空振り。あれ、おかしいぞ?
気を取り直して3人目の女の子。場所を「永康路」と聞き間違い、一緒に行きましょうと誘ってくれた。いえいえ探しているのは「武康路」なんです…と訂正したところ、わからないからと、スマホアプリで検索。結果、10号線で「交通大学」駅まで行ったら早い…というところまでは教えてくれた。
最後に聞いたおじいさん、この人が今回、唯一場所を知っている人だった。頼もしきは年長者だ。お礼を述べると笑顔で手を挙げ、見送ってくれた。

誰も知らない目的地
「陝西南路」駅ではパッとしない成果だったので、「武康大楼」最寄りの「交通大学」駅で再び聞き込み。ところが、おばちゃん、おじさん、サラリーマン、ビルの警備員、みんな「知らない」との返事。え~、あそこに建物、見えてますよ…と心の中でツッコミを入れつつ、ここで終了。「武康大楼」の知名度がここまで高くないとは、盲点だった。しかし、アプリで調べてまで道を教えてくれる、天使のような人がいることは、大きな発見だ。また声を掛けて無視されることは一度もなかったことも、付け加えておきたい。

特集-P2_01

観光客の強い味方

最後はまず誰も知らない、マイナーな場所への行き方を尋ねてみよう。選んだのは、編集班も初めて聞くビジネスホテル「広錦ホテル」だ。
先ほどの検証から、街行く人の力だけでは辿り着けないことを確信した取材班。今回は〝道案内のプロ〟を頼ることにする。まず向かったのは、「旅行インフォメーションセンター」。ここでは観光客を対象に、観光地の案内をしたり、傘の貸し出しやスマートフォンの充電サービスを提供したりしている。外灘や新天地など、主要な観光地付近にあり、「i」の看板が目印。カウンターでホテルの場所を聞くと、早速パソコンで検索し、行き方を丁寧に案内してくれた。武康路のセンターは、館内に歴史的建築物の模型や資料が並び、広々とした空間。休憩スペースも備え、トイレもキレイだったので、街歩きに疲れた時にはぜひ一度立ち寄ることをオススメする。

道案内のプロを探して

そして迷子と言えば、お巡りさんこと警察の出番だろう。まず派出所へ行くため、近くにいたマンションの警備員に場所を聞くと、「公安局に何しに行くんだい」と怪訝な顔。実はホテルの場所を探していて…と話すと、ああそこかい、と場所を教えてくれた。親切な方である。
さてようやく、道に立つ警察官を発見。おもむろにホテルの名前を見せると、「私も今日は臨時でここに立ってるから、よくわかんないんだよね…アプリ使えないの?」と言いながら、スマホで検索、教えてくれた。念のためにもう1人警察官に聞くと、こちらも丁寧な対応。やはりプロは安心感が違う。困った時は、世話になってみよう。

 

特集-P3_02

~上海ジャピオン2018年8月31日発行号

上海ジャピオンの総数10,000を超える過去記事より検索

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。