お医者さんの御用達~「枝豆」

-452doctor-v1 -452doctor-v2

枝豆でダルい貧血を改善

――このところ、貧血気味のせいか、身体がダルくて…。でも、貧血に良いと言われるレバーが苦手で困っています。ほかに何か良い食べ物はありますか?

先生 確かに、レバーは鉄分を多く含みますから、貧血予防の代表的食材と言えます。ただ、独特の香りや食感から、苦手な人も多いようですね。これ以外ですと、夏から秋にかけて旬を迎える、まさに今が食べ頃の「枝豆」がオススメですよ。

――枝豆は大好きです! でも、貧血改善に良いとは意外でした。

先生 枝豆とは、ご存じの通り、未成熟な大豆のこと。その分、大豆に比べてタンパク質や脂質が少なく、カロリーはなんと大豆の約3分の1。さらに、ビタミンAやビタミンC、鉄に葉酸といった栄養素を豊富に含むため、ヘルシーかつ栄養バランスに優れています。葉酸は赤血球の生成に欠かせませんし、ビタミンCはその葉酸の働きを高め、鉄を吸収しやすくする作用があると言われます。貧血気味の人は、積極的に取り入れたいですね。

――早速、今日の夕食に取り入れてみます!

先生 ではぜひ、枝豆の栄養価をさらに高めるためにも、ビタミンB12が豊富な「アサリ」と一緒に調理してください。枝豆は鮮度が落ちやすいので、さやの色が鮮やかな緑色のものを選ぶようにしてくださいね。

-452doctor-v3

~上海ジャピオン2013年9月20日号

最新号のデジタル版はこちらから

香港便利帳

PAGE TOP