お医者さんの御用達〜ショウビャクジュツ

お腹の不調を漢方で調える

――最近お腹の調子がすぐれません。

 

先生 暴飲暴食や冷たいものの飲み過ぎ、過度なストレスなど、様々な要因によって腸の働きが異常になります。そんな時は、漢方「ショウビャクジュツ(炒白朮)」を積極的に摂取してみましょう。

 

――これは一体どんな漢方なんですか?

 

先生 白朮はコケラという、中国では浙江省などで取れる植物で、それを乾燥させたうえで炒めたものが炒白朮となります。漢方で一般的に用いられる炒白朮は、中国では「健脾益気」(気血を生む源である脾胃の気を補う)と言われ、消化機能を改善し、免疫力を高めるとされてます。ビタミンAをはじめとする成分が豊富に含まれており、造血機能の向上、消化吸収の促進、血糖値抑制などの効果が期待できるんです。

 

――摂取方法を教えてください。

 

先生 炒白朮10㌘を200㍉の水に入れ、20分煮出して「白朮茶」として1日1杯飲みましょう。これに氷砂糖やハチミツを足して、味を調えても構いません。胃腸機能を調えたり、足のむくみを取ったり、慢性的な下痢に作用します。ほかにも「白朮紅棗粥」や「白朮陳皮山査茶」など、症状に応じた料理があるので、詳しくは私に聞いてくださいね。

~上海ジャピオン2020年3月27日発行号

最新号のデジタル版はこちらから

香港便利帳

PAGE TOP