バレンタインでバラが高騰 軌道交通2号線でもお祝い

 上海市内では、2月14日(月)のバレンタインデーを前に、生花店へバラの予約が殺到した。
また当日は、軌道交通2号線で車両番号214号列車が投入され、
「南京西路」駅では214本のバラの花をカップルに贈呈するイベントが行われるなど、
各地で盛り上がりを見せた。
 市内では、通常1輪約5元の一般的なバラが10元前後となり、例年より約3割値上がりとなった。
ギフト用のバラの予約は、バレンタインデー前日の13日(日)にピークを迎え、
徹夜で花束作りに追われる生花店も多かった。
一方バイク便会社では、春節の帰省シーズンと重なった影響で、
人手不足のために、花の配達を断るケースが続出した。
 また、市でバレンタインデー当日に婚姻登記を行ったカップルは3218組に及び、
楊浦区結婚登記センターでは、深夜3時から並ぶカップルも見られた。
バレンタインのプレゼントとしては、チョコレートとコンドームが人気となり、
ドラッグストア「ワトソンズ」では、バレンタインデー前にコンドームの売上が約3割増となるとする。
(2月15日)

~上海ジャピオン2月18日号

最新号のデジタル版はこちらから

香港便利帳

PAGE TOP