錦繍東路でフェラーリが発火 東海大橋から車両が転落

上海市消防局によると9月5日(木)18時頃、中環線外回りの錦繍東路出入り口から2㌔ほど離れた一般道で、緑色のフェラーリが突然発火する事故が発生。幸いこの事故による死亡者はおらず、事故の原因は調査中だという。

目撃者の話によると、車両の後方部分が激しく燃えており、黒々とした煙が上がっていたという。この影響で、事故現場から後方2㌔以上に渡って渋滞が発生した。

ほか、市浦東新区と浙江省舟山市小洋山を結ぶ東海大橋下で6日(金)早朝、橋から転落し車体が潰れた自動車を発見。この事故で、乗車していた男性2人が死亡した。

 

~上海ジャピオン2019年9月13日発行号

最新号のデジタル版はこちらから

香港便利帳

PAGE TOP