列車接触事故未遂 老婦人トンネル侵入

 4月22日(金)早朝、軌道交通2号線の「東昌路」駅と「世紀大道」駅を結ぶ区域内で、
誤ってトンネルに侵入した女性と列車が、すれ違う事故が発生した。
なお、女性にケガはなかった。
 警察の調べでは、女性は60代で、認知症を患っていた。
当時同列車の運転手は、トンネルの隅に佇む女性を発見し、急停車したが間に合わず、女性とすれ違った。
運営部門は、列車がなかなか来なかったため、女性は徒歩で次の駅に行こうと、ホームから下りたと見ている。
(4月22日)

~上海ジャピオン4月29日号

最新号のデジタル版はこちらから

香港便利帳

PAGE TOP