龍井茶の発芽遅れ 供給不足で価格上昇

上海市では、4月4日(水)の清明節を目前に控え、浙江省杭州市特産
の緑茶「龍井茶」の販売時期について関心が集まっている。
同茶は、清明節前に摘まれた新茶「明前茶」が高級品とされ市内でも
需要が高い。
しかし今年は雨が多く、日照不足で寒い日が続いたため、発芽が遅れ、
明前茶の生産量は少なく、供給不足となる見込み。
なお3月初旬に卸された龍井茶は、500㌘当たり400元以上で取引
され、昨年より2、3割上昇している。
茶葉専門店総経理は、今年の龍井茶は4月中旬に摘まれた茶葉が最良と
予想する。
(3月23日)

?~上海ジャピオン03月30日号

最新号のデジタル版はこちらから

香港便利帳

PAGE TOP