アイパッドミニ販売  並行輸入品に遅れも

 

米アップル社は、11月2日(金)、日米、
中国香港などで、新型タブレット端末
「iPad mini」を、販売開始した。
同端末は、従来モデルより小型となる
7・9インチ液晶を搭載。上海では、同社
製品は、通常、販売1日後に並行輸入されて
いたが、今回は入荷を見送る業者も多く、
携帯電話市場では、1~2週間後の入荷・
販売が予想されている。これについて業界
関係者は、同端末の最も安いタイプの並行
輸入販売価格が、約3000元と、中国香港より
約1000元高く、売れ残りを懸念するショップが
多いためと説明する。
(11月3日)

~上海ジャピオン2012年11月9日号

 

最新号のデジタル版はこちらから

香港便利帳

PAGE TOP