充電式蚊ラケット 約4割が不合格

 市の質量技術監督局が発表した、殺虫用品に関するサンプリング調査の結果から、充電式蚊ラケットの約40%、蚊取りマットの約15%が安全基準に達していないことが分かった。
 不合格となった蚊ラケットの主な問題点として、充電の際に高圧電気の通るネットに接触し、感電事故に繋がる恐れがある点。また、蚊取りマットでは温度が安定しないなどの問題が見られた。
(7月30日)

~上海ジャピオン8月8日発行号より

最新号の電子版はこちらから

PAGE TOP