駅エスカレーター  片側空けを取り止め

上海市の軌道交通で、近頃、駅構内のエスカレーターの
「左行右立(左側を空け、右側に立つ)」
の表示や注意書きの撤去を始めている。
これは、市品質技術監督部門による提議を受けて実施。
同部門は、「左行右立」を行えば、
エスカレーターにかかる重量が左右不均衡となり、
機械の故障を招く恐れがあり危険と指摘していた。
地下鉄運営部門は、今後、
「握緊扶手(手すりをしっかりもつ)」の表示と音声案内を
強化するとしている。
(12月25日)

~上海ジャピオン2012年12月28日号

最新号の電子版はこちらから

PAGE TOP