伝統療法グワシャー  夏季の施術に要注意

上海市を含む中国国内で、広く行われる伝統療法「刮痧(グワシャー)」の夏季の施術に関し、最近、専門家が注意を呼び掛けている。

刮痧(グワシャー)とは、ヘラで肌を擦り、血行の促進や老廃物の排出のほか、自然治癒力向上を目指す自然療法。専門家によると、施術後は患部からの細菌感染や、冷気の影響を受けやすいため、患部を風に当てずに乾燥させる必要があるという。そのため、汗をかきやすく、冷房に当たる機会の多い夏季は、注意が必要と提唱する。(7月22日)

~上海ジャピオン2013年7月26日号

最新号のデジタル版はこちらから

香港便利帳

PAGE TOP