虚偽の通報20回以上 妻の麻雀止めるため

上海市公安局浦東分局は近頃、妻の麻雀を阻止するため、警察に虚偽の通報を繰り返したとして、夫である男に行政拘留5日及び罰金500元を科した。

調べによると、男の妻は昨年11月から麻雀に熱中し、家事などを放棄するようになったと言う。そこで男は、妻に雀荘通いを止めさせるため、「雀荘で賭博行為を行っている」と20回以上通報した。警察は通報を受ける度に雀荘を捜索したが、賭博行為は一度もなかった。

 

~上海ジャピオン2017年3月10日発行号

最新号の電子版はこちらから

PAGE TOP