ハッピーバレーで突然死 アトラクションには乗らず

 10月8日(木)午前9時頃、
23歳の女子大生が友人たちと?山のテーマパーク「ハッピーバレー(歓楽谷)」を訪れたところ、
急にひきつけを起こして倒れ、突然死する事件が起こった。
 目撃者によると、女性はチケットを購入してから園内に入って100㍍ほどで倒れた。
アトラクションには乗っていないという。
すぐに120番通報され救急車で病院に運ばれたが、搬送先で死亡が確認された。
担当医師によると、搬送時には、女性の心肺機能はすでにほぼ停止しており、
約30分後に死亡したと話している。
 監察医の初期判断によると、女性の死因は原因不明の突然死とのことで、詳細は現在調査中。
(10月9日)

~上海ジャピオン10月16日号より

最新号のデジタル版はこちらから

香港便利帳

PAGE TOP