巨大〝スーパー気球〟 1千超㍍上空に出現

上海市が北京市・天津市・河北省の京津冀地区に飛ばした〝スーパー気球〟が話題を呼んでいる。

上海市環境監測中心によると、気球は中国電子科技集団第38研究所、上海民防事務室などと共同開発したもので、最高高度は1200㍍、全長32㍍、体積は1900立方㍍。気球は空気汚染研究のために12月15日(土)に河北省望都県で打ち上げられ、地上から300~1000㍍地点の大気汚染観測を担っていると言う。

~上海ジャピオン2018年12月28日発行号

最新号のデジタル版はこちらから

香港便利帳

PAGE TOP