宝山区に大型複合施設登場 2019年末にオープン予定

上海市宝山区の3号線「宝楊路」駅直結のショッピングモール「宝楊宝龍広場」が、2019年末までにオープンする予定であることが、最近わかった。

このモールは同区で最初の、軌道交通直結型複合施設になる予定。12万平方㍍のショッピング施設と、2万平方㍍のマカオストリートを設け、「無印良品」旗艦店や「スターバックス・リザーブ・ロースタリー」などが入居する。ほか、室内テーマパーク「Meland Club」が同区で初めてオープンするなど、子ども向け施設も用意。モール周辺は居住エリアが多く、ファミリー層が主なターゲットになるという。

 

~上海ジャピオン2019年8月16日発行号

最新号の電子版はこちらから

PAGE TOP