火星探査機天問1号 打ち上げに成功

中国空間技術研究院が開発した火星探査機「天問1号」を搭載したロケット「長征5号」が7月23日(木)、海南省の海南文昌航天発射センターで打ち上げに成功したことがわかった。

「天問1号」は2021年2月頃火星に到着して火星の周回軌道に乗り、2カ月半掛けて着陸地点を探してから着陸する予定。同探査機搭載の火星表面組成検出器と火星鉱物分光分析装置の開発は、中国科学院上海技術物理学研究所が担当。これらの機器により、火星の表面を探索でき、地表面形状などの謎を解き明かすことが期待されている。

~上海ジャピオン2020年7月31日発行号

最新号のデジタル版はこちらから

香港便利帳

PAGE TOP