宇宙船の管制官 イケメン過ぎと話題

有人宇宙船「神舟十二号」が6月17日(木)、甘粛省酒泉衛星発射センターからの打ち上げに成功。この偉業の裏で、北京航天飛行控制センターで働く若者が〝イケメン過ぎる〟と、ネット上で話題となっている。

この男性は、1994年生まれ。これまでロケット打ち上げなどのプロジェクトに参加してきたが、北京本部センター勤務は初めてだという。「神舟十二号」の打ち上げ中継で、「北京明白(北京、了解)」という彼のはっきりとした話し声と、端正な顔立ちが全国に放映されると、ネットでたちまち話題に。ネット上では「優秀な人は髪型も優秀」などといった声が多く上がった。

~上海ジャピオン2021年7月2日号

最新号のデジタル版はこちらから

日本帰国生オンライン説明会21秋

香港便利帳

PAGE TOP