食用に購入した卵 猛暑でヒヨコが誕生

江蘇省南京市のある男性宅で最近、食用で購入した卵からヒヨコが孵化したことが、ネット上で話題になっている。

南京市では、有精卵の「活珠子」という卵が特産物。この男性によると6月27日(月)に卵を購入後、冷蔵庫に保管せずキッチンに置いたままだったという。酷暑が続いた7月12日(火)、帰宅した男性がヒヨコの鳴き声に気付き、探してみると卵のパックの中で鳴くヒヨコを発見。当初はぐったりした様子だったが翌日には元気になり、男性がペットとして飼うことになった。

ネット上では「このヒヨコは、生まれて世界を見ることができてよかったね」といった意見が寄せられた。(7月14日)

 

 

~上海ジャピオン2022年7月22日

最新号のデジタル版はこちらから





PAGE TOP