PCR検査の有効性向上 中国各地で相互承認へ

国家衛生委員会は7月29日(金)、新型コロナウイルス感染症のPCR検査結果を、中国各地で相互承認する仕組みをさらに進めていくことを発表した。

現在、PCR検査の結果は相互承認されないことがほとんどで、省を跨いで移動する際には現地でのPCR検査が必要。全国相互承認が可能になれば、出張や旅行の際にも、各地で過度なPCR検査が必要なくなる。さらに、中国全体のPCR検査費用を節約することもできる。

これを受けて北京市では「健康宝」がアップデートされ、ほかの省・市で実施したPCR検査の結果が確認できるように改善されている。

(7月30日)

 

~上海ジャピオン2022年8月5日

最新号のデジタル版はこちらから





PAGE TOP