水滸巡礼~108の足跡~施恩(しおん)

-421suiko-v1 -421suiko-v2

武松を慕った利口な彪
施恩(しおん)

ゆかりの地 江蘇省常熟市
あだ名 金眼彪
職業 二龍山小頭領
宿星 地伏星

河南省焦作市孟州市出身。
地元で経営していた、
交易所の顔役として知られていた。
蔣門神という悪漢に交易所を乗っとられたが、
武松の手を借りて取り戻す。
武松に従って梁山泊に加入し、
歩兵として活躍。
最後は方臘の戦いで、
江蘇省常熟市にて戦死。

 

 

交易所を仕切る若番頭
最後まで武松に恩を施す
施恩は、河南省孟州市の牢役人の息子。
父の威を借り、
100人近くの囚人を使い、
20代半ばにして交易所「快活林」を
取り仕切っていた。
生まれつき目が金色で、
武芸の腕も立つことから
「金眼彪」と呼ばれた。

-421suiko-v3

興福寺。鎮江市の金山寺、
常州市の天寧寺などと並び、
江南四大名刹の1つに数えられる。

ある日、施恩の快活林に、
1人の大男が現れた。
その名を蒋門神(しょうもんしん)といい、
地元の武術大会で優勝するほどの
怪力の持ち主で、
快活林を乗っ取りに来たのだった。
施恩は戦って抵抗したが、
まるで歯が立たず、
散々に打ちのめされ、
満身創痍となる。
ようやく快復し、
歩けるようになったある日、
施恩のもとに、虎退治で
有名になった武松が囚人として
送り込まれてくる。
施恩は、彼がかの有名な武松と知り、
自分に代わって蒋門神に
仕返しをしてもらおうと、
父に頼んで刑罰を免除した。
事情を知った武松は蒋門神への
報復を引き受ける。
決戦の日、武松は酒に酔っていたが、
蒋門神を難なく打ち倒し、
快活林は再び施恩の手に戻った。
施恩は武松の強さに感激し、
手厚くもてなした。
その後、武松が孟州市を出ることになった。
施恩は武松を送り出した後で、
頼れる者はやはり彼以外にいないと、
彼を追いかける。
やがて2人は、魯智深のいる二龍山に辿り着き、
独自の組織を築く。
二龍山は徐々に勢力を拡大し、
最後には梁山泊に加わるのだった。

-421suiko-v4

沙家浜は陽澄湖風景区に位置する。
夏はハス、秋はアシなど
四季折々の景色が楽しめる場所として有名。

施恩が死没した常熟市。
江蘇省南東部に位置する同市は、
南北朝時代から、農作物豊かで、
自然の恩恵を受けた、
肥沃な土地として知られた。
今日も、陽澄湖の大閘蟹や桂花栗子など、
多くの名産を産出するこの地で施恩は、
武松に、梁山泊に、最後まで
〝恩〟を施した。
アクセス
上海長距離バスターミナルから、
常熟市まで長距離バスで約1時間半、36元

-421suiko-v5

~上海ジャピオン2013年2月1日号

最新号のデジタル版はこちらから

香港便利帳

PAGE TOP