水滸巡礼~108の足跡~戴宗(たいそう)

-451suiko-v1

-451suiko-v2

神速の情報伝達役
戴宗(たいそう)

ゆかりの地 山東省済寧市兗州市
あだ名 神行太保
職業 情報探知統括頭領
宿星 天速星

江西省九江市出身。宋江に出会い、彼を助けたことを契機に入山。その後は伝令として活躍し、方臘の戦い平定後は兗州府(現山東省済寧市兗州市)の武官に任ぜられる。最期は泰山で出家し、道士たちとの宴の中で、笑いながら大往生を遂げたという。

乱世を駆け抜ける駿足
情報探知に東奔西走

戴宗は駿足を意味する「天速星」の生まれ変わり。入山前は江州(現江西省九江市)の牢役人であった。「神行法(しんこうほう)」と呼ばれる道術を体得しており、驚異的な速度で1日に八百里(約300㌔)を走ると言われた。不思議な術を使うことから、妖術師を表す「太保」を加え、「神行太保(しんこうたいほう)」と呼ばれた。

-451suiko-v3

兗州市から約20km離れた所にある曲阜市の孔子廟。孔子やその弟子たちの像が安置され、『論語』が納められている。

ある日、戴宗が監視する牢に宋江が送られてきた。戴宗は相手が宋江と知らず、付け届けを渡すよう怒鳴りつける。しかし、戴宗は梁山泊の呉用と旧知の仲で、宋江が呉用の書いた手紙を見せると、戴宗は宋江の素性を知り、態度を改めた。戴宗が宋江をもてなしていると、色黒の厳つい男が現れる。戴宗の弟分、李逵(りき)であった。そして、これを機に2人は入山。

ある日梁山泊が祝家荘との対戦中、仲間が高唐州(現山東省聊城市)で捕えられたとの情報が入る。これを聞いた戴宗は、野山を駆けに駆け、梁山泊に第一報を届ける。梁山泊は直ちに救出軍を編成したが、敵軍に対抗するには道士・公孫勝(こうそんしょう)の力が必要と知り、今度は戴宗に薊州(けいしゅう)まで探しに行かせた。戴宗らは公孫勝を見つけ出し、数日で彼を連れて帰ると、公孫勝の戦術で敵軍を打ち、見事仲間を救出。その後も、その人並み外れた速さを生かし、諜報、工作、捕虜救出などの場面で大活躍した。

-451suiko-v4

興隆塔は隋代に建立されたレンガ建築の八角塔で、54mの高さを誇る。2008年には地下宮殿が発見された

方臘の戦い後、戴宗が赴いた済寧市兗州市。4000年の歴史を有し、唐の詩人・李白もかつてはこの地に滞在したことがあるという。北に泰山、西に梁山泊を臨みながら、戴宗は何度もこの地を駆け抜けた。

【アクセス】
①上海虹橋空港から空路にて済寧曲阜空港まで約1時間半
②上海駅から兗州駅まで、快速列車で約10時間、硬座105元

-451suiko-v5

~上海ジャピオン2013年9月13日号

最新号のデジタル版はこちらから

香港便利帳

PAGE TOP