まるごと!上海国際映画祭

voice1996

今年で14回目

金爵賞に輝く作品は

1993年から開始された上海国際映画祭は、今年で14回目を迎えた。

94年からは国際映画製作者連盟(FIAPF)公認の長編映画祭となり、

主要な国際映画祭の中では、最も若い映画祭の1つである。

まず注目したいのは、世界各国から16作品がノミネートする金爵賞コンペティション部門。

候補作品は全て、アジアもしくは世界初上映の最新作ばかりだ。

最優秀作品賞を初め、最優秀監督賞や最優秀男優・女優賞、最優秀音楽賞などが、

各国映画界の著名人で組織された評価委員会により選出される。

審査委員会会長を務めるのは、アメリカの映画監督・脚本家であるバリー・レヴィンソン氏。

自閉症の兄と自由奔放な青年のドラマを描いた1988年の監督作品『レインマン』では、

アカデミー監督賞とベルリン国際映画祭金熊賞を受賞した。

詳細はまだ明らかにされていないが、映画祭の開催期間中には、

氏の著名な映画作品も上映されるというから楽しみだ。

voice2946

アジアの若手監督たち

初の携帯電話映画祭

上海国際映画祭では、アジア映画界の有望若手監督を発掘する目的で、

04年からアジア新人賞部門が設けられ、毎年好評を博している。

同部門の最優秀監督賞と最優秀作品賞の受賞者には、それぞれ賞金15万元を贈呈。

過去の新人賞審査委員長の中には、06年に『長江哀歌』でヴェネツィア国際映画祭金獅子賞を受賞した、

中国を代表する若手監督の1人であるジャ・ジャンクー(賈樟柯)監督や、

03年の『殺人の記憶』が国内で記録的ヒットとなり、

国際的にも活躍を期待されている韓国のポン・ジュノ監督などもいる。

そして今年は、『リリイ・シュシュのすべて』で第6回金爵賞を受賞した日本の岩井俊二監督が、

審査委員長に選出された。

さらに今年の映画祭では、初の試みとなる携帯電話映画祭「Mobile SIFF(手機電影節)」を実施。

世界各地から公募した短編作品は数千件にも及び、

ジャンルもアニメ、カンフー、コメディー、SF、ドキュメンタリー…と幅広い。

こちらも9項目の賞が設けられ、受賞者には総額約10万元が贈られる。

結果は、6月18日(土)に発表予定だ。

次から次へと新たな試みを行い、年々盛り上がっていく上海国際映画祭。

今後もその展開から、目が離せない。

voice3891

映画を通して日中交流

スクリーンで邦画を観よう

映画祭に伴って、6月12日(日)~18日(土)には、「2011上海・日本映画週間」が開催される。

同イベントは、日本と中国で映画などの交流事業を行う「日中映像交流事業」の一環として行われるものだ。

邦画を観るのは最近もっぱらDVDで、なかなか映画館では観る機会がない…という人も、

上海で暮らしている人の中には少なくないだろう。

いや、むしろ多数を占めるといった方が良いかもしれない。

DVDももちろん良いが、映画はやはりポップコーンを片手に大スクリーンで観たいもの。

そんな人にとってこの日本映画週間は、上海の映画館で邦画が観れる、1年に1度の貴重なチャンス。

しかも上映作品は全て、無料招待制なのだ。

映画ファンならずとも、これを見逃す手はない。

voice4654

オープニングは『悪人』

妻夫木聡と李相日が来海

オープニングを飾るのは、2010年9月に日本で公開された『悪人』。

モントリオール世界映画祭では、ヒロインの深津絵里が最優秀女優賞を受賞し、

主演の妻夫木聡は、ブルーリボン賞で主演男優賞を受賞。

ほかにも日本国内で数々の賞を受賞した、まさにトップを飾るにふさわしい作品だ。

監督は、06年に監督した初の長編作品『フラガール』で、

日本国内の映画賞を総ナメにした、李相日(リ・サンイル)監督。

『悪人』は、『フラガール』以来初の長編作品となる。

今回は、この李相日監督と主演の妻夫木聡が、舞台挨拶のために、上海へとやってくるのだ。

ストーリーは、妻夫木聡演じる土木作業員の清水祐一と、

紳士服量販店に勤める馬込光代(深津絵里)が偶然出会い、

孤独な魂を抱えた2人が、刹那的な愛にその身を焦がす。

しかし、祐一は連日ニュースを賑わせていた殺人犯だった――。

絶望的な逃避行へと向かう2人と、2人を取り巻く周りの人々。

一体誰が本当の〝悪人〟なのか? その答えが明かされたとき、物語は衝撃と感動のクライマックスを迎える。

もうすでにDVDなどで観た人も多いかもしれないが、舞台挨拶に立ち会える機会は、日本ではなかなかない。

監督や俳優の生の声を聞いてから観る作品は、また一味もふた味も違うはずだ。

voice5271

話題作が勢ぞろい

『悪人』含む11作品

『悪人』以外に上映されるのは、2008年から今年にかけて日本で上映された、話題作10作品。

山田洋次監督作品『母べえ』や、堤幸彦監督作品『BECK』、

05年公開の『いぬのえいが』続編となる『犬とあなたの物語』、

宮崎あおいと大竹しのぶが初共演した『オカンの嫁入り』、

ケータイ小説を原作とした『ランウェイ☆ビート』、役所広司と佐藤浩市が主演する『最後の忠臣蔵』、

歌手・一青窈(ひととよう)の代表曲をモチーフにした『ハナミズキ』、行定勲監督作品『今度は愛妻家』、

同名小説を原作としたサスペンス映画『白夜行』、

実話に基づいて制作された『きな子~見習い警察犬の物語~』…と、

何とも豪華なラインナップだ。

…がしかし、さすがに全作品を全て観るのは、会社に勤める人でなくとも、なかなか難しい。

各映画の舞台挨拶の日程や上映スケジュールなどを公式サイトでチェックし、計画を立てて映画館へと足を運ぼう。

voice6110

voice780

~上海ジャピオン6月3日号

最新号のデジタル版はこちらから

香港便利帳

PAGE TOP