続・上海ワクワク 遊食探検

461-feature-v1 461-feature-v2

武侠の世界を堪能

ねえ、ここって前にも一緒に来た、武侠をテーマにした店だよね♪

そうそう、前回は遊子が飲ませるから、記憶が飛んじゃって、リベンジしたかったんだ。

見て、お店の人の恰好も武士みたい。体格も良いし、何か武術でもやってるのかな。店内も武侠小説に基づいて、武士の家を再現してるんだよね。

知ってる? この『笑傲江湖』って、金庸の武侠小説のタイトルだよ。立場の違いから別の派閥に分かれたものの、友情を貫いた2人の男を描いた話なんだ。

ショーくん、ウンチクはいいから、私お腹空いちゃった。

人情溢れる武侠の精神

ここはね、オーダー方式も武侠の精神が生きてるんだ。客の好き嫌いを確認後、店の人の計らいで、料理を出してくれるんだよ。

人情味溢れるサービスだね。選んでくれるのはありがたいけど、値段が気になる私はセコイかな。

それだけど、1人45元くらいだって。少なめに出してくれるから、足りなければ追加オーダーすればいいってわけ。

ふ~ん、今日は、「大力丸」(5元/個)と「叫花鶏」(32元)に「空心菜」(15元)、「口水魚」(31元)…米、肉、野菜、魚と、栄養バランスも最高じゃん!

「叫花鶏」は〝鳳舞九天〟、「口水魚」は〝玉龍戯珠〟っていう、武侠に関係する別名があるんだ。因みに空心菜は、武侠小説に出てくる武術の1つ、「空明拳」を表しているんだ。

ねえねえ、この大力丸、中に卵が入ってて、おいしいよ。ショーくん食べないなら、あたしもらっちゃお。

あ~、最後に食べようと大事に取っておいたのに~

住:四川中路670号(×南蘇州路)
電:6321-3986
営:11時半~14時、17時半~21時半

461-feature-v3

レトロな豪華客船

うわ~、迫力満点の外観、中の造りも本物の豪華客船みたいで、テンション上がるよね。このビンテージ感を出すために、オーナーが北京の故宮博物院を手掛けた職人を呼んで、内装を頼んだらしいよ。

へ~。そうそう、ここって結婚式場としても人気があるみたいよ。この両サイドの階段から、新郎新婦が登場したりするのかな? ステキ。あたしもこんな所で式を挙げたいな~♪

でも、まずは相手を見つけることが先じゃない?

ショーくん、本当デリカシーないね。どっかの海賊に捕まって、う~んと痛い目に遭えばいいのに! プンプン。

外せない「紅焼肉」

ゴメン、お詫びに今日は奢るから、機嫌直してよ。ここの豚の角煮「紅焼肉」(56元)は、店に来た客のほとんどが注文する、人気メニューなんだって。

へぇ~、じゃあ絶対食べなきゃね。ねぇ、この酒樽みたいな器に入った「土耳其肥牛桶」(68元)っていう料理も気になるんだけど、頼んでいいかな?

モチロン!

やった~、じゃあこの名前がユニークな「船夫手撕鴨」(88元)に「咖哩牛腩」(48元)、あとあと「龍井蝦仁」(98元)も…デザートにタピオカ粥「西米粥」(8元)も頼んじゃお♪

それにしても、天井の造りとか、本物の船そっくり。このままどこか遠くへ行けたらな…。

何妄想に耽ってんの、料理来たよ。この漆黒色の紅焼肉、甘すぎず、すごく上品な味付けで、おいし~!

遊子がご機嫌になって良かった♪

住:清峪路336号(×吉鎮路)
電:5169-9657
営:10時半~13時半、16時半~21時

461-feature-v4

最初の関門・鉄の扉

看板とかないけど、住所からいってここだよね。あれ? 扉が開かない。

ふふん、私に任せて。ここを押して…と。ほら、開いた!

え、何かの暗号?

全部で9つの丸が並んでるでしょ。これは電話機の番号の配列と一緒。予約時に、店の人が番号を教えてくれるのよ。ちなみに、今日は6・3ね。

じゃあ、予約しないと入れないってこと?

直接来ても、門をノックするなりして中の人に知らせれば、開けてくれるから大丈夫よ。

仕掛けだらけのトイレ

店内も何だかミステリアスだね。コンクリートの壁だからか、地下室みたいな空気が漂ってる。

そうそう、ショーくん、ここのトイレがまた面白いの♪

え、こんなにたくさん扉があるのに、どれも開かない…わっ、ビックリした。ここ鏡になってて、自分の姿が映るんじゃん。

アハハ、ビックリし過ぎ。扉は、ノブと逆の側を押すのよ。

へぇ、日本のカラクリ屋敷みたいだね。あ~、童心に返って騒いだからか、お腹がペコペコ。おっと、ランチセットがあるよ。2品選べて、ご飯、スープ、サラダが付くのか。この「人間豆腐」が気になる…もう1品はスペアリブのプラムソース添え「梅子排骨」にしよっと。

この「笔筒色拉(野菜スティック)」も面白そう。あと、ネット上で人気の「ティラミス」(各65元)も追加してっと…。

料理は、モダンチャイニーズって感じだね。名前はユニークだけど、味は確か。次回はほかの人を連れて来て、驚かせてやるぞ!

住:巨鹿路805号(×富民路)
電:5404-0707
営:11時半~翌1時

461-feature-v5

推理小説の世界へ誘う

「ベーカー街221B」…って、イギリスの小説家、アーサー・コナン・ドイルの「シャーロック・ホームズ」シリーズで、主人公の私立探偵シャーロック・ホームズが住んでた下宿の住所じゃん!

ショーくん、推理小説マニアなの?

マニアってほどじゃないけど、学生の時は、けっこうハマって読んだよ。徹底した現場観察、過去の犯罪事例に関する膨大な知識、物的証拠に関する科学的知見…、ミステリー小説の金字塔とも言うべき傑作だよ!

ふ~ん、あ、見て見て。やっぱりホームズって言ったらパイプだよね。あ、このハンチング帽も必須アイテムね♪

遊子って意外とミーハーだな。

探偵アイテムが満載

壁にいっぱい人の写真が飾ってある…これって、歴代の映像化作品に出演した役者さんたち?

そうだよ、これまでドラマや映画で、何度も映像化されてきた往年の推理小説作品だからね。

来年には映画『シャーロック・ホームズ3』が公開されるらしいし、まさに旬なスポットじゃん。店内のスクリーンで映画鑑賞するってのもありかも♪

さて、お腹が空いたし注文注文。

オッケー。じゃあ「クラシックワッフル」(40元)と「ツナサラダ」(35元/2人前)をもらおうか。この「シャーロックコーヒー」(30元)って何かな。ティラミスフレーバーのソースが隠し味で入ってるって? それください!

料理が来るまで、このチェスでひと勝負しちゃいますか。

ふふふ、臨むところよ!

住:瑞金二路50号(×復興中路)
電:6481-0900
営:11時半~23時半

461-feature-v6

往年の人気米国ドラマ

これって、あのアメリカのドラマ『フレンズ』に出てくる「セントラルカフェ」じゃん。あたし大学生の時、このドラマにすごくハマってたのよ。あ、このオレンジのソファ、覚えてる!

そうそう、何かにつけてこの「セントラルカフェ」が出てくるよね。しかも必ず座るのがこのソファってわけ。懐かし~。

恋や仕事、家族の問題とか色々出てくるけど、最後は笑いに変わっちゃう、前向きなストーリー展開がいいよね。私はモニカの兄、ロスが好きだったの。

遊子、なかなか変わった趣味だね。って僕も、お嬢様のレイチェルより、お茶目でクレイジーなフィービー派だけどね。

手作りピザ&ケーキ

見て見て、ドラマが放映されてるよ。テレビの中の世界と同じ空間でティータイムなんて、ステキじゃない?

じゃあ、早速注文しちゃいます?

賛成、どれどれ…ケーキやピザなんかもあるね。「ブラウニー」(18元)にしよっかな? え、人気で売り切れちゃったの? じゃあ、この「モカカップケーキ」(25元)と「ツナピザS」(49元)、「ラベンダーティー」(22元)、ショーくんは「ヘーゼルナッツラテ」(29元)ね。

おっと、その強引さ、まさかレイチェルが乗り移ったんじゃ…。

…ここのピザ、ふっかふか&もっちもちでおいしいね。カップケーキも甘党の私にピッタリ♪ ドラマも楽しいし、何時間でも居座れちゃいそう。

全シリーズ見ちゃいますかっ!

住:哈爾濱路160号1913老洋行A105号(×遼寧路)
電:186-0054-6500
営:11時~22時

~上海ジャピオン2013年11月29日号

最新号のデジタル版はこちらから

香港便利帳

PAGE TOP