初めての浦東生活

%e7%89%b9%e9%9b%86-p1-1

%e7%89%b9%e9%9b%86-p1-2

カフェレストランがズラリ

碧雲路×紅楓路にあるオシャレエリアは、「Biyun・Maple」と名付けられている。6号線「雲山路」駅や「金橋路」駅からは少し距離があるが、付近に上海英国人学校や外資企業が立ち並ぶ。そのため、外国風のカフェやレストランが一帯に広がり、多くの欧米系外国人が同エリアに足を運んでいる。

紅楓路沿いに軒を連ねる飲食店は、店外の芝生にテラス席やプレイエリアを設けているところが多く、子ども連れの駐在員家族にはピッタリ。また単身者にも、テラスで秋の香りを感じながら読書をしたり、コーヒーを嗜んだり、友人や同僚との会話を楽しんだりとオススメだ。駅から離れている分、人影もまばらで、ゆったりと優雅な時間を過ごせること間違いなし。

そのほか、碧雲路沿いや紅楓路沿いにはプレイグラウンドが散在し、子どもとキャッチボールをしたり自転車の練習をしたりしている親子の姿も。

①飛狐(Flying Fox)

スペアリブやハンバーガーが人気のカジュアルレストラン。昼間は極力照明を付けず、天蓋に施したステンドグラスで採光、欧米の民家を思わせる造りとなっている。

②HOODOG CAFE

イヌ好きには堪らないスポットである、碧雲路沿いのドッグカフェ。店内ではゴールデンレトリバーやコーギーなど、常時4~5匹のかわいいイヌたちが出迎えてくれる。メニューはドリンクと軽食があるが、コーヒー1杯48元~。

③Shanghai BeerFactory

「金橋国際商業広場」内にある、自家製ビールが好評の同店。ビールは300㍉で25元~。買い物の休憩として利用できるのはうれしい。

④Lynn‘s Coffee

内装へのこだわりが溢れたカフェ。ふかふかのソファに座って、太太はコーヒーやケーキで、子どもはアイスクリームで、旦那は店内に用意されている本を読んで、午後のひと時を過ごしてみてはいかが?

%e7%89%b9%e9%9b%86-p2-1

買い物も食事も1カ所で

7号線「花木路」駅5番出口直結で、ホテルも併設する商業施設「ケリープラザ(上海嘉里城)」。ファッションブランドショップや飲食店、スーパーマーケットのほか、雑貨屋や本屋、生活用品店など衣食住が集結する。ほか1階の中央スペースでは、不定期でバザーを開催。

また注目の複合商業施設「富薈広場」が、桜花路沿いに今年7月オープンした。この施設は飲食店を中心に、トレーニングジムや幼児教育教室などが入店。閑静なエリアにあるため、ピークタイムでも長蛇の列で待ちぼうけする心配がほとんどない穴場スポット。

芳甸路×丁香路にあるのが「証大大拇指広場」。ここには、仏系大型スーパー「カルフール」があり、ランチやディナーの後に、生活用品を揃えられるのもうれしい。今は最寄駅から距離があるため、9号線延線工事で同広場から徒歩5分の「芳甸路」駅竣工が待ち遠しい。

①THE BREW

ケリープラザ1階にあり、自家製ビールを目当てに訪れる人が絶えないというビールファクトリー。1週間の疲れを癒すため、休日午後から本格ビールで乾杯! というプチ贅沢が味わえる。ハンバーガーとビール1杯で200元前後。

②Cafe・de・Paris

富薈広場のオススメショップは1階にある、上海初出店で韓国発のカフェ「カフェ・ド・パリ」。フルーツパフェが看板メニューで、高さ約20㌢もあるボンボンシリーズの「マンゴーボンボン」(76元)が大人気。

③Blue Marlin

「証大大拇指広場」では、レストラン「ブルー・マーリン」が人気。テラス席はビールの飲み比べに最適で、108元で5種類を楽しめる。また店内では生演奏ライブを開催する。

④麦徳龍(METRO)

ヨーロッパを中心に展開する独系大型スーパー。欧州メーカーの商品を豊富に揃える。

%e7%89%b9%e9%9b%86-p2-2

世紀大道の新規&人気店

世紀大道エリアは、上海一の観光エリア陸家嘴に次いで、浦東で2番目に大きい繁華街。2・4・6・9号線と、市内最多の4路線が通り、またそこからすぐ北にある陸家嘴に徒歩で行くことができるため、観光客の姿が目立つ。浦西の人気店が浦東進出の足掛かりにこぞって出店したり、新規の店が続々とオープンしたりと、見逃せないエリアだ。

①Jstone.Italian Restaurant&Cafe

レストラン&バーの浦西店に対し、浦東初出店の潍坊路店はレストラン&カフェスタイルでよりカジュアルに。16時半~18時半には、軽食(約70元前程度)を頼むとアルコール(約30~70元程度)1杯が無料となる。

②LE PARISIENNE

張楊路の最西端に位置するこぢんまりとしたカフェで、浦東に住む太太間の口コミで話題沸騰。仏人オーナーが手掛けるスイーツの甘い香りに誘われて、多くの外国人がやってくる。パンは10元~、洋菓子も約20元~で楽しめる。また、ワインやチーズ、ハムなども購入可。

③UNCLES FRIENDS cafe&store

2013年にミニブログ「微博(ウェイボー)」に登場した人気キャラクター「アンクルフレンズ」がテーマのカフェ&ショップで、先月正大広場1階にオープンした。ケーキとコーヒーで100元前後、グッズも約30元~で販売。若い女性を中心に人気を集め、入店待ちの行列ができることも。

④満露膳府

九六広場3階に新しくオープンした、韓国で12年続く韓国火鍋バイキング店の上海第1号店。火鍋のスープには海鮮がたっぷり。ランチは約65元、ディナーも100元~で楽しめる。また韓国産調味料などの購入も可能。

%e7%89%b9%e9%9b%86-p3-1

世紀大道駅直結で開店

大型商業施設「百聯世紀購物中心」が、「世紀大道」駅A区2番出口直結で9月28日(水)にオープンした。。地上5階建てで地下も2階まであり、そして屋上には庭園も。浦東エリアに住む人にとって新たな買い物スポットとなることが期待される、オープンしたてのショッピングモールに潜入してみた。

約100店舗が出店予定だという同モールだが、10月3日(月)時点で10店舗近くが、まだオープン準備中だった。モール内は1階から5階まで吹き抜けとなっており、天井には球状のライトや蝶を模したオブジェがキラキラと光り輝く。

■地下2階の軽食ストリート

1階は「サマンサタバサ」や「スワロフスキー」など、有名高級ブランドが入店。また取材時、フリースペースでは「仮想現実(VR)」や「拡張現実(AR)」の体験コーナーが設置されており、ここで今後さまざまなイベントが開かれるようだ。2階は女性向けファッションブランド、3階はスポーツブランド、4階は美容、子ども向けブランドやブックカフェなど、5階は飲食フロアとなっている。地下1階は「JINS」など雑貨系ショップ、地下2階はカフェやスーパーなどがひしめく。

雷雲に見立てた黒いわたあめをソフトクリームに乗せた〝わたあめソフト〟が有名な韓国発のスイーツ店「レミコン」や、モチモチの卵クレープ生地に、チキンカツやツナマヨなどの具材を包んだ「包角布(中華風おかずクレープ)」の店「仰望」など、20店舗近くが出店。

■言几又 今日閲読(4階)

棚に本が美しく陳列された光景は、思わずカメラに収めたくなると話題に。書籍のほか、文具や雑貨などを揃えるブックカフェ。

 

~上海ジャピオン2016年10月21日号

最新号のデジタル版はこちらから

香港便利帳

PAGE TOP