今が安い! 上海5ツ星ホテル

スペイン旅行を疑似体験

上海随一の繁華街・南京東路に面し、商業施設「上海世茂広場」に隣接する5ツ星ホテル「ル・ロイヤル・メリディアン上海(上海世茂皇家艾美酒店)」。マリオット系列の同ホテルでは夏季限定で、ペアアフタヌーンティーセット付きプランを販売している。

「デラックスルーム」(830元相当/泊)と、スパニッシュレストラン「Asador Spanish Social Grill」の「ペアアフタヌーンティー」(268元相当)のセットが、約25%オフの768元になるというもの。このプランの予約方法は、同ホテルの微信公式アカウントの左下タブ「商城Shop」内「微信商城E―Shop」をタップし、画面を下に進んだところで「768元享酒店豪華客房」を選択、購入すれば完了する。

同ホテルは「人民広場」駅からすぐアクセスできる場所に位置。1泊2日で荷物が少ないとはいえ、駅近なのはうれしいポイントだ。

チェックインをした後、早速L(ラウンジ)階にあるスパニッシュレストランに移動して、真夏の日差しを浴びながら、チュロスをはじめとする各種スイーツと爽やかドリンクで優雅なひと時を過ごそう。その後は、スパに向かうもよし、ホテル近辺に出掛けて観光客さながらショッピングを楽しむもよし。あるいは、先ほどのスパニッシュレストランに戻り、郷土料理を堪能すれば、上海の中心にいながら、スペインの旅行気分に浸れるはずだ。

上海の非日常体験を味わう

北外灘に位置し、外灘と陸家嘴の景色を一望できる5ツ星ホテル「ハイアット・オン・ザ・バンド(上海外灘茂悦大酒店)」。外灘にほど近く、南京東路や豫園、陸家嘴まで1020分程度でアクセスできるこのホテルでは7月31日(金)まで、SPA60分などと宿泊がセットになった特別セットを2人1198元で提供している。

セットは標準グレードの部屋「茂悦客房」(880元相当)に加え、同ホテル地下1階に構える「源SPA」にてペアで受けられる「マッサージ60分」(400元相当)が付く。また最上階のバー「非常時髦酒吧VUE」の「入場料」(100元相当)と「トレーニングルーム・プール利用料」(100元相当/各人)が無料となるため、総額1800元相当のサービスが半額近くになる計算だ。なお購入及び予約は、同ホテル微信公式アカウント内左下タブ「悦HYATT」の「客房預訂」に進み、必要事項を記入・選択すれば完了する。

チェックイン後、まずはマッサージを受けて、日頃の疲れを取り除こう。その後ホテル内レストラン「香荟」でビュッフェスタイルの食事か、上海・浙江省・江蘇省料理を中心とした「新大陸―中国厨房」で本格中華などを満喫。それからバー「非常時髦酒吧VUE」に移動して、視界を遮る建物、人がない中で、外灘・陸家嘴の夜景を独り占めしよう。

1泊2日では物足りないぐらいのセット内容だが、日常生活では体験できない濃密なひと時を過ごせるはずだ。

ワンランク上の一夜を

上海市の歴史香る観光地・豫園と、市のランドマーク・外灘のいずれもが徒歩10分圏内に位置するホテル「ウェスティン外灘センター(上海威斯汀大飯店)」。まもなく開幕する「上海国際映画祭」開催中には、多くの著名人が宿泊することでも知られる同ホテルでは最近、ホテル内2階に位置するイタリアンレストラン「PREGO(帕戈)」のペアディナー付きの1泊2日宿泊プランを、999元で販売している。

セット内容は、客室「クラウンビジネス(皇冠商務房)」(1000元相当)と、同レストランの「ペアディナービュッフェ」(600元相当)。宿泊する客室は、ハスの花が咲いたような見た目のホテル上階にある。睡眠の質を左右するベッドは、同ホテル特注で三層構造の高級綿入り「天夢之床」を使用。また高級羽毛布団で、利用者を心地よい眠りへといざなう。ほかロングソファや、オリジナル設計のバスタブ、シャワーヘッドも細部にまでこだわっており、のびのびとくつろげる。

イタリアンレストラン「PREGO(帕戈)」では6月、同国出身のFederico氏が新料理長に就任。本場の食材にこだわり、自身の出身地で同国北部に位置するジュッサーノや、その近くにあるミラノなどを中心に、今でもよりよい食材を探求し続けているという。

2019年と20年の2年連続で『ミシュランガイド上海』に紹介された実力派レストランのディナーに舌鼓を打ち、食・住ともにワンランク上の一夜を過ごそう。

翌日はハイヤーで目的地へ

市の中心部に位置し、古北エリアからもアクセスしやすい場所に構えるホテル「ザ・ロンジモント上海(上海龍之夢大酒店)」。スタイリッシュな外観で青い斜線が入った建物を、延安高架路から見たことがある人は多いはず。同ホテルでは8月31日(月)まで、親子3人が泊まれる「アフタヌーン付き親子宿泊プラン」(1198元)が人気を博している。

客室「親子房」にはミニテントやぬいぐるみなどを置き、小さな子どもがはしゃぎ回れる工夫がなされている。子どもが遊んでいる間、大人はベッドに腰掛けてリラックス。また客室はすべて27階より上にあり、浴室からは市街地を見渡せるため、夜はかなりの眺めになるはずだ。

プランに含まれるアフタヌーンティセットでは、ケーキや焼き菓子、フルーツなどのほか、アヒルやウサギの形を模した点心もあり、見た目にもおいしい。ほか同ホテルでは、海鮮をメインにしたディナービュッフェや中華料理店などのレストランを併設。ほか宿泊客は、プールを無料で利用可能だという。

チェックアウト後は、レクサス車種によるハイヤーサービスで「上海ディズニーランド」や陸家嘴、外灘などの観光地に向かったり、虹橋エリアや静安寺、人民広場などの自宅周辺まで送ってもらったりできるのがうれしいポイント。チェックアウト後のアフターサービスまであるのは、やはり高級ホテルならでは。

~上海ジャピオン2020年7月24日発行号

最新号のデジタル版はこちらから

香港便利帳

PAGE TOP