身軽になって完全帰国

voice1416

voice2363

まずは、日本人にはお馴染み「フクゼン」から。

家具、家電、日用品、楽器、スポーツ用品、本などの販売・買い取りを行なう。

同店は出張もOK! 早速自宅に来てもらい、査定スタート。

①電子辞書は帰国時が売り時

電子辞書は高価買い取りしているとのことで、査定は500元と高値に!

少々の傷なら、機能に問題がなければ大丈夫らしい。

「カシオ」や「エプソン」の製品はさらに高く買い取るとか。

②ブランド志向の落とし穴

機能性重視で、査定結果は…40元。

今は「フィリップス」や「ブラウン」の製品を高価買い取り中だそうだ。

サビ有りはさらに値下がりなので、物は大切に。

③絶対売れるシャープの携帯

元値は2700元。

オーナーの「100%買い手がつく!」という言葉に期待するも、査定はわずか407元。

「査定は(通販サイト)淘宝網最低価格の4分の1が目安」との言葉に涙。

④合板使用の本棚は安い

新品同様の本棚は、即答の15元。

「合板製の家具は高く売れない上に、場所代も掛かるからね」との一言。

家具は一枚板のものがベストだとか。

⑤ヒーター2000㍗は時代遅れ

査定はまさかの0元!

1000㍗以下なら30~80元。

「800㍗の省エネタイプなら高値買い取りなんだけど…」とのこと。

安物は安かった…。

voice3326

栄華西道19弄 金獅花園5号102室

5422-2899

9時~21時

www.fukuzen.net

※出張エリアは要問い合わせ

?

voice4215

次は「上海タイムズ」。

電、楽器、スポーツ用品、本、日用品などの販売・買い取りを専門とする。

型番・新旧度・機能に基づいて、査定開始!

①マンガ本は全巻ありき

新品同様のマンガ本。

査定は1冊1・5元。

マンガ本は、新旧具合と全巻揃っているかがポイント。

全巻揃ってない場合は半額に。コミック判は1冊1元。

②購入するならコンポ付きを

当時900元で購入したが、査定は100元。

「コンポなしはさらに安い」の一言に、心なしか気分が晴れる。

今は、「NEC」や「SANSUI」の製品を高価買い取り中だとか。

③内釜のキズは致命的!

長年連れ添った炊飯器。結果は10元。

「大切なのは内釜の方」と見せられたのは、キズだらけの内釜。

「茶碗やコップを入れるだけでキズは付く」の一言に心当たりあり。

「象印」や「タイガー」、日本製で中国仕様の製品には高値が付くとか。

④未クリーニングには容赦なし

クリーニング済みで、汚れ・シミなしの絨毯だが、結果は80元。

「未クリーニングだったら10元よ」と妙な慰め。

サイズや材質によって値段は変わる。

⑤ナンバープレート必須!

ほぼ未使用でギア付きの折り畳み自転車だが、査定は200元。

「ナンバープレートと領収書付きはプラス100元!」と言われるも、いずれもなく残念。

voice557

栄華西道99弄1号302室

6275-1517

9時~21時

※出張買い取りは要問い合わせ

?

voice641

リサイクルショップで売れない洋服やアクセサリーは、フリーマーケットで売りさばこう!

「1933老場坊」で、毎月第2土曜に開かれるフリーマーケットは、場所代40元~で誰でも出店できる。

①販売価格設定は自由自在

元は取りたいという思いから、販売価格を45元に設定。

しかし5元値切られ40元に。

値切りを念頭に置いた値段設定が功を奏した。

②サービスで購買意欲を刺激

タイで大量買いしたお香を、1個1元でバラ売りすることに。

20個買うと3個サービス、30個買うと香台(通常5元)をサービスするなどの作戦で、

購買意欲を掻き立てた結果、儲けは180元!

③交渉ベタは損をする

帰国する友達からもらったレトロライト。

好んで使っていたので、値段は強気の70元に設定。

しかし、「これは40元だよ」と押し切られ、結局半額近くの40元に…。

④隣人に学ぶ価格設定

同じ会場内で、外国語の絵本を2冊50元で販売していることを知り、同じ値段設定に。

4割が外国人客ということもあり、6冊売れて150元ゲット。

⑤最もな理由に完全敗退

2カ月前に購入した新品同様のパターマット。

80元で売るつもりが「クラブがないと遊べないし」などの理由で半額の40元に。

voice728

虹口区沙涇路10号 1933老場坊3階

137-6199-3866

11時~17時(第2土曜)

tiaozao@live.jp

www.gongyijia.com

※出店希望者はメールで連絡

?

voice823

最後は、マンションの入り口近くにいることが多い、廃品回収の人に1つ残らず売り切ろう。

何でも素材別に量り売りするのが一般的だが、手感覚で値段が決まる場合も少なくない。

①ペットボトルは量で勝負

リサイクルにとため込んだペットボトル。

まとめて差し出すと、「厚めは1本0.07元、薄めは1本0.05元」と仕分けがスタート。

価格は2種類あり、容器の厚さによって変わるという。

結果は合計2・04元。

②予想以上に安いビン類

「ビンは薄めのペットボトルと同じ価格だよ」と言われ、早くもガッカリ。

計算するまでもなく、結果は0・25元。

ビンは割りに合わないため、あまり買い取らないとか。

③ダンボールは高値で取引

度重なる引っ越しで使い回してきたダンボール。

500㌘あたり0.35元で、結果は3.36元。

予想を上回る結果にまあまあ満足。


④新聞価格が上昇傾向に

「今は500㌘あたり0・5元で、2・5冊で約500㌘だから…」と渡されたのは4元だった。

昨年9月は、1冊0・1元だったので、新聞価格は上昇傾向にあるようだ。

⑤着ない服こそリサイクル

着ない服やヨレヨレのシーツを持って帰っても、送料がかさむだけ。

布類は500㌘あたり0.05元で、結果は0.255元。やっぱり持って帰ろうか…。

voice914

紹興路(陝西南路×瑞金二路の間)

voice1014

~上海ジャピオン1月29日号より

最新号のデジタル版はこちらから

香港便利帳

PAGE TOP