COVID-19 Vaccine 新型コロナウイルス ワクチン上海最前線

上海の外国人も接種開始

上海市では年末年始から医療従事者や港職員、出国者を中心に新型コロナウイルスワクチンの接種が開始。その後徐々に一般の中国人に対する接種が拡大し、3月29日(月)から、ようやく市在住の外国人もワクチンが受けられるようになった。

そもそもワクチンとは、感染症予防に用いる医薬品であり、病原体から作られた無毒化あるいは弱毒化された抗原を人体に投与することで、体内の病原体に対する抗体産生を促し、感染症に対する免疫を獲得するというもの。ワクチンには生ワクチンや不活化ワクチンなど何種類かあるが、これは次ページで紹介する。

中国の接種回数は7億回超

アメリカでは最近、ワクチン接種が進んでいるためか大規模のスポーツ観戦が徐々に再開しているが、世界では一体どれほどの人がワクチン接種を受けているのだろうか? イギリスのオックスフォード大学の統計によると、イギリス時間6月3日(木)20時点における中国各地のワクチン接種回数は7億2349万回で、世界で断トツの1位。2位はアメリカの2億9772万回、3位は2億1834万回のインド。ほか、ブラジルやイギリスなどでも接種が進み、日本は1560万7525回となっている。

それでは上海市に限っていえば? 市衛生健康委員会によると、6月2日(水)20時時点で、市におけるワクチン接種回数は2791万9300回。市の人口がおよそ2400万人であることから、1人1回は接種した計算になる。

中国やアメリカ、ヨーロッパを中心に開発が進められるワクチン。中国では主にどんなワクチンが実際に使われているのか、次ページで見ていこう。

中国では国産ワクチン使用

一刻も早くパンデミックを抑えようと、世界では新型コロナウイルスワクチンの開発及び接種が進められている。日本では主に、アメリカの「ファイザー」社や「モデルナ」社など、アメリカ製ワクチンが国内で承認・使用されているが、ここ中国では現時点で国内メーカーのみ承認・使用されている。

国内の使用ワクチン代表格は「北京科興中維生物技術有限公司(シノバック)」の不活化ワクチン。不活化ワクチンとは、ウイルス培養後、ウイルスの感染性や病原性を消滅させたワクチンを指す。投与後、ウイルスの成分が自然免疫を誘導するとともに、免疫反応を起こす「抗原タンパク質」が細胞外から取り込まれ、ペプチドに分解され、血清中に溶解した抗体によりウイルスを排除する「液性免疫」を誘導するというもの。

集団免疫を付けるのが目的

現在世の中に出回っているワクチンは接種回数2回のものが多いが、中国では5月から、1回接種のワクチンである、「康希諾生物股份公司(カンシノ)」と中国人民解放軍軍事科学院軍事医学研究院生物工学研究所陳薇チームが共同開発したウイルスベクターワクチンが登場。ヒトに対して病原性のない、または弱毒性のウイルスベクター(運び手)に抗原タンパク質の遺伝子を組み込んだ、組み換えウイルスを投与するワクチンだ。ウイルス自体が細胞に侵入し、細胞質で抗原タンパク質をつくり出すことで「液性免疫」と、免疫細胞により排除する「細胞性免疫」を引き起こす。

いずれのワクチンにせよ、新型コロナウイルス感染症の感染自体を100%防ぐものではなく、〝集団免疫〟を付けることで感染拡大を防ぐ意味合いが強い。

外国人は同仁医院が◎

上海市における新型コロナウイルスワクチン接種状況を把握したところで、外国人である私たちも接種に行こう。外国人の場合、アプリ「健康雲」or微信ミニプログラム「健康雲Pro」で予約のうえ、指定日時・会場で接種をする必要がある。今回はミニプログラムでの予約方法を紹介。

 登録後、「境外人士接種」をクリック(ステップ①)。氏名(英語)やパスポート番号、会社or自宅住所など必要事項を入力し、パスポートの顔写真ページ、ビザページを撮影、アップロードする(ステップ②)。なお「単位所在区/居住地所在区」は、正確でなくてもよく、この欄で選択した区にある外国人対応施設が、下記項目の「選択接種門診」に表示される。

なお現状では、長寧区の同仁医院以外は受け入れ規模が小さいのか、ほとんど予約ができない状態。ステップ③の日時、会場指定で予約ができなかった場合、ステップ②に戻って再入力、写真の再アップが必要になり面倒なため、基本的には同院での接種をオススメする。予約完了後にバーコードが生成されるため、当日は会場受付にて同画面を提示する。

接種ワクチンは一択が現状

会場到着後、受付で同意書にサインし、接種代金100元を支払い、接種場所に移動。ルール上は、接種するワクチンを自分で選べるのだが、在庫の問題で2回接種のシノバックしか選べないのが現状だ。接種後は30分様子を観察し、問題がなければ会場を後にすることができる。なお、付き添いが可能のため、不安な人は友人や家族などに同行をお願いしても◎。

2回目接種は、1回目と同様に予約すればOK。なお接種が終わると支付宝の「健康碼」にて接種状況を表示させることができる。

~上海ジャピオン2021年6月18日号

最新号のデジタル版はこちらから

香港便利帳

PAGE TOP