日本人ブロガーの深掘り! 上海

頑張るワーママの日々を綴る

かわいらしい人物イラストがちりばめられたブログ「老同志は中国人」。ほんわかとしたデザインだが、実際に書かれているのは、中国で家事に、仕事に、子育てにと頑張る日本人女性の赤裸々な奮闘記である。

中国人の夫と2人の子を持つブロガーの阿信(あしん)さん。ブログでは日常生活で遭遇した様々なハプニングから、中国文化までを家庭の視点で紹介。国際結婚ならではの難しさ、子育て、家事に関するノウハウをユーモアたっぷりに記事にしている。

ほのぼのとした語り口だが、義実家の対応、アーイー(家政婦)との応酬、現地校に通う子の膨大な宿題の消化…など、やっていることはかなりハードで、その対応力・行動力には驚くばかり。またトラブル対応系記事は写真付きで丁寧に解決方法を紹介してくれているので、とても参考になる。

読んで役立つ記事多し

数ある阿信さんのブログから、在海日本人に読んでほしい記事をピックアップしてもらった。

「夫にパスポートを失くされた話」は、日本人にとっての命綱、パスポートを失くしてから再発行に取り組むまでの壮大なストーリー。画像や関係機関の写真を使って、パスポート再発行の手続きを丁寧に紹介しているので、もしもの時に備え読んでおくと役立つ。阿信さん一家のキャラクターが際立ち、オチにも思わず笑ってしまう楽しい内容だ。

「中国人の頭も悩ますアイ問題」「自家製なっとうを作ってみよう」は中国に住む日本人ならではの悩みと知恵が詰まった内容。失敗も受け入れながら、生活をよりよくしていこうという阿信さんの人柄が伝わってくる。コロナ禍で何かと不自由な生活が続いているが、阿信さんのブログを読めば、中国生活を楽しく過ごそうという気力が湧いてくるはず!

建物のデザインや歴史を紹介

建設中の商業施設から、郊外のそんなところに!? というマニアックな歴史的建築物まで、あらゆる建築物をプロの視点で紹介している、春木さんの「ガラスの部屋」。投稿数は間もなく400本を超えようかというところで、記事1本1本もボリューム満点だ。

このブログを手掛ける春木さんは、ガラスコンサル会社「CAMSA」の総経理。仕事の合間を縫って撮りためた写真や資料を使って執筆される記事は、建物の建設が進む様子を毎年追ってみたり、計画が破綻した都市計画跡地に行ってみたりと、ニュースだけではわからない厚みがある。

また、春木さんの趣味? 上海エリアと建築の歴史についての紹介もおもしろく、例えば南京東路や静安エリアにある「百楽門」なども、ブログを読んでから散策にいくと何倍も楽しくなるはず。

建築専門家が見る上海の景色

春木さんにオススメ記事を尋ねたところ、たくさんあるということだったが、中でもこの3記事を厳選させてもらった。

オープン時に世界中の注目を集めた「上海佘山世茂洲際酒店」は、建築に携わる人なら一度はこの目で見たいところ。春木さんの記事を読んで、行き方から見どころまでを押さえておきたい。

静安エリアに建設中の商業施設で、ニョキニョキと木が生えたようなユニークな外観の「1000Trees」。春木さんも注目の建築だそうで、2017年から工事の様子を追っている。オープン時にはまた記事が更新されるはずだ。最後の「『ラスト コーション 色・戒』を徹底検証」は映画をテーマに上海の風景、歴史を紹介していく記事。リンクが豊富で、時間を忘れて読み込んでしまうこと間違いなし。

~上海ジャピオン2021年8月6日号

最新号のデジタル版はこちらから

日本帰国生オンライン説明会21秋

香港便利帳

PAGE TOP