中華接待の備忘録~遵義黄粑

三国時代に生まれた小吃

全国に様々な小吃(軽食)がある中、貴州省では「黄粑(ファンバァ)」が有名だ。

この「黄粑」は、遵義市名産のアワとうるち米をこねて、砂糖で甘く味付けし、蒸すか揚げていただく。蒸す場合は、ちまきのように笹で包む。この「黄粑」が茶色いのは揚げているからだけでなく、赤糖糖を使っているから。こちらの揚げたタイプは、外はサクッとしながら中はモチモチで、スイーツ感覚でいただける。

この料理の歴史は古く、三国時代にさかのぼる。当時の貴州省は〝夜郎〟と呼ばれ、劉備や諸葛亮がいる蜀の領土だった。ある時、諸葛亮が敵と戦っていく中で生まれた野戦メシが、黄粑の原型。以後2000年近くを経た今でも、長きに渡る時代、そして各時代の人々に愛されてきたのである。

歴史に思いを馳せながら、この小吃を食べてみよう。

 

アテンド先はこちら

店名  黔香閣(チィエンシィアングェ) 大上海時代広場店

住所  淮海中路99号大上海時代広場6階

TEL  6391-1779

営業時間  11時~14時半、17時~21時半

席数  約100席

予算  約100元~

エリア  大世界

 

~上海ジャピオン2019年8月16日発行号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. ~上海ジャピオン2019年9月20日発行号…
  2. 上海市黄浦区南京西路で改装中の商業施設「新世界城」が、今年12月末にリニューアルオープンする見込みで…
  3. 上海市金山区に構える「華東無人機基地」で9月12日(木)、「ドローンを使った輸送の最長距離」のギネス…
  4. 浙江省杭州市に本社を構える「阿里巴巴集団(アリババ・グループ)」のジャック・マー(馬雲)氏が、同社創…
  5. 家に常備・万能選手――雨が続くせいか、気分もどんより身体もどんよりです…。頭…
PAGE TOP