名句UPマンダリン~ウィンストン・チャーチル

解説
1940~45、51~55年に
イギリスの首相を務めたチャーチルは、
フランクリン・ルーズベルトや
ダグラス・マッカーサーと遠戚関係にある。
今回の注目ワード
「機会ji1hui4(チャンス)」は
「抓住機会(チャンスを掴む)」
といった具合に、前に動詞を伴う。
また、
名詞「謊言huang3yan2(ウソ)」
と併せて
「別撒謊bie2sa1huang3
(ウソをつくな)」も
頻出フレーズなので覚えておこう。
今回、
日本語は〝嘘が世界を半周する頃〟
なのに対し、
中国語は〝真理がズボンをまだ履かない頃〟
と逆さに訳されている。

~上海ジャピオン2012年9月14日号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

PAGE TOP