名句UPマンダリン~チャールズ・チャップリン

-421make-up

解説
ちょび髭、山高帽にステッキの
スタイルで有名なチャップリン。
代表作の『黄金狂時代』や
『モダン・タイムス』などに見られるように、
当時の世相や政治を、
ユーモアを交えて風刺した作風で知られる。
今回の要点は接続詞の
「則ze2(~すれば)」。
「物体熱則漲、冷則縮
(物体は熱すれば膨張し、冷やせば収縮する)」
のように、原因と結果の関係を表す時に使い、
「則」の後ろには結果となる述語が来る。
また、本文中の
「特写鏡頭te4xie3jing4tou2」
の「特写」は、「クローズアップ」の意味。

~上海ジャピオン2013年2月1日号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. 説明しよう!「時令(shi2ling4)」は「季節」や「旬(の)」、「季節の変わり目…
  2. 珍しいロバ肉を食す「天上龍肉、地上驢肉(天には龍の肉が、地上にはロバの肉がある)…
  3. ~上海ジャピオン2019年8月23日発行号…
  4. キャンディとコラボみ キャンちゃん、またお菓子食べてるでしょ。あま~い匂いがする…
  5. 趣味から実用までカバー①百新文具館本屋「百新書局」に併設する文具店…
PAGE TOP