上海の医療 記事

お医者さんの御用達~川貝燉氷砂糖秋梨

 

700お医者さん-1

700お医者さん-2700お医者さん-3

薬膳デザートで乾燥予防

 

――朝晩の寒暖差が激しいせいか、最近咳や鼻水が出たり、のどがヒリヒリしたり、乾燥と寒さが身体に堪えます…。

 

先生 朝晩は特に涼しくなってきたので、のどや肺の乾燥には気を付けたいですね。そんな時は、「川貝燉氷砂糖秋梨(ナシのスープ)」を作ってみましょう。

 

――これはどういったものですか?

 

先生 「川貝(せんばい)」は漢方として使われるユリ科の植物で、日本では慣用的に「貝母(ばいも)」、中国では四川産の貝母が本場なので「川貝」と言います。「川貝燉氷砂糖秋梨」はこの漢方とナシ、氷砂糖と一緒に蒸した薬膳デザートです。秋が深まると、様々な果物が食べ頃を迎えますよね。カキやブドウなどがありますが、中でもナシは肺を潤す効能があるとされています。肺が潤うことで肌の乾燥や肌荒れ、のどの痛みの緩和に有効。せきや痰を鎮める効果も期待できます。

 

――作り方を教えてください。

 

先生 新鮮なナシを用意し、上部がフタになるように切り、中をくり抜きます。中に川貝粉3~5㌘と氷砂糖を適量入れ、ナシが柔らかくなるまでとろ火で約1時間蒸してから、常温で冷ませば完成。食後2~3時間の間に、おやつとして食べると効果的ですよ。

~上海ジャピオン2018年10月19日発行号

上海の医療 過去の記事

上海ジャピオンの総数10,000を超える過去記事より検索

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。