野外映画の上映始まる 9月下旬まで、市内の公園で

夏季恒例となった野外映画の無料上映活動が、6月27日(土)より開幕した。
今後9月末まで、襄陽公園や静安公園、長寿公園など市38カ所の公園に屋外スクリーンを設置し、合計192回の上演を行う。
 上映作品には、国内外の優秀作品が顔を揃え、4月に公開されたばかりの『高考1977』や、チャン・ツィイー主演の『梅蘭芳』、
ドニー・イェン主演の『叶問』などといった新作も含む。
なお、市の全上演予定は、lhsr.sh.gov.cnを参照。
 この野外上映は2005年から行われており、これまで市内50カ所以上の公園で、約600回上映を行い、130万人以上が訪れた。
 また、今年は上海万博の開催に向けて、ボランティアの人たちを募り、「ゴミのポイ捨てをしない」などのマナーの向上を呼びかける考え。
(6月26日)

~上海ジャピオン7月3日号より

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. ~上海ジャピオン2019年9月20日発行号…
  2. 上海市黄浦区南京西路で改装中の商業施設「新世界城」が、今年12月末にリニューアルオープンする見込みで…
  3. 上海市金山区に構える「華東無人機基地」で9月12日(木)、「ドローンを使った輸送の最長距離」のギネス…
  4. 浙江省杭州市に本社を構える「阿里巴巴集団(アリババ・グループ)」のジャック・マー(馬雲)氏が、同社創…
  5. 家に常備・万能選手――雨が続くせいか、気分もどんより身体もどんよりです…。頭…
PAGE TOP