上海のニュース 記事

顧村公園の早咲き桜が開花 植物園の千年蘭が窃盗被害

上海市宝山区にある顧村公園で2月27日(土)、桜が開花し多くの市民が花見に訪れた。

園内では早咲きの品種が開花。清明節前までは他の品種も相次いで見ごろを迎え、観光客の目を楽しませることができるという。同園では60種類以上の桜が植えられ、敷地面積は約1000㌶を誇る。そのほか、30種以上のチューリップも同時に鑑賞できるという。

一方、松江区の辰山植物園では〝鎮園之宝〟という名の100歳になる蘭が盗まれた。園内の清掃員がなくなっていることに気付き、すぐに警察に通報。市公安局松江分局の警官が防犯カメラをチェックし、疑わしい人物と車両を特定した。同日午後、警察は容疑者の男と女を逮捕した。

〝鎮園之宝〟は2008年、同園に収容され葉は長さ1㍍×幅16㌢。専門家によると〝千年蘭〟とも呼ばれ、1000年以上の寿命があり、2000年生き続けるものもあるという。

1_東方ネット

(写真は東方ネットより)

~上海ジャピオン2016年03月04日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。