上海のニュース 記事

IKEAが中高年の憩いの場に マナーの向上を呼び掛け

上海市徐匯区にある北欧系の家具専門店「宜家家居(IKEA)」で近頃、店内カフェテリアを買い物客ではない地元の中高年男女が占拠し、問題となっていることがわかった。

同店では、飲み物や食べ物を持ち寄った大勢の中高年男女が、開店と同時に押し寄せ、カフェテリアで12時間近く居座ると言う。中でも45~65歳から成る老人社交グループが、毎週火曜と木曜に同店カフェテリアを会場として交流会を開催、開店から閉店までイスやテーブルを占拠し、持参した食べ物のゴミが散乱するなどマナーの悪い行動が問題となっている。

同店では以前から、大勢でテーブルを長時間占拠しない、席を譲り合うなどマナーの向上を呼び掛けているが効果はなく、最近では「食事を買ってから席に着くように」という張り紙とともに、拡声器などで注意を呼びかけていると言う。

7_%e6%9d%b1%e6%96%b9%e3%83%8d%e3%83%83%e3%83%88

(写真は東方ネットより)

~上海ジャピオン2016年10月21日号

上海のニュース 過去の記事

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。