上海のニュース 記事

F1中国グランプリが開催 顧村公園で入場者数最高記録

上海市嘉定区の上海国際賽車場で4月7日(金)~9日(日)、F1中国グランプリが開催され、メルセデスチームのルイス・ハミルトンが同グランプリ5度目となる優勝を飾ったことがわかった。

2位はフェラーリのセバスチャン・ベッテル、3位はレッドブルのマックス・フェルスタッペン。3日間で約16万5000人が会場に訪れ、うち約14万5000人が観戦した。9日(日)の決勝レース後は、最寄り駅構内の混乱を防ぐため、一時入場を制限するなどの対策が施されたと言う。

市におけるF1レース開催は、今年が現行の契約最終年となる14年目。今年1月、米リバティ・メディアのチェイス・キャリー氏がF1の最高経営責任者に就任、40年ぶりのトップ交代となり、経営の刷新が注目されている。中国グランプリ開催を担当する上海久事(集団)公司の副総裁、姜瀾氏は「契約するかどうかより、どれだけ長期的に契約を結ぶかが重要だ」と話し、契約延長を示唆した。

そのほか、宝山区の顧村公園で4月3日(月)、1日の来園者がのべ18万2966人となり、市内の公園における1日の入園者数で過去最高を記録したことがわかった。

6_東方ネット

(写真は東方ネットより)

~上海ジャピオン2017年4月14日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。