閔行区に商業施設オープンへ 長寧区の老舗デパートが閉店

上海市閔行区にある軌道交通10号線「龍柏新村」駅に直結の商業施設「上海愛琴海購物公園」が、7月末に竣工し、今年下半期に営業を開始する予定であることが最近わかった。

同施設は総面積約55万平方㍍を誇り、24万平方㍍の巨大ショッピングモールのほか、日本の著名建築家、安藤忠雄氏が手掛ける4800平方㍍の芸術ホールや書店を設置。また、5万平方㍍の敷地を用い、エコをモチーフに「空中有機農場」や「ラベンダー畑」、「国際馬術倶楽部」など、様々なアクティビティを揃えるエリアを展開する。中でもアニメ映画『アナと雪の女王』をテーマとした室内スノーパークでは、最先端の技術を使った人工雪の世界を堪能できるとしている。

一方、長寧区の老舗デパート「巴黎春天中山公園店」が、6月末に閉店することが近頃わかった。同デパートはすでに閉店に向けてセール中で、営業は7月31日(月)までだと言う。

1_東方ネット

(写真は東方ネットより)

~上海ジャピオン2017年6月9日発行号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. ~上海ジャピオン2019年9月20日発行号…
  2. 上海市黄浦区南京西路で改装中の商業施設「新世界城」が、今年12月末にリニューアルオープンする見込みで…
  3. 上海市金山区に構える「華東無人機基地」で9月12日(木)、「ドローンを使った輸送の最長距離」のギネス…
  4. 浙江省杭州市に本社を構える「阿里巴巴集団(アリババ・グループ)」のジャック・マー(馬雲)氏が、同社創…
  5. 家に常備・万能選手――雨が続くせいか、気分もどんより身体もどんよりです…。頭…
PAGE TOP