国際空港に自動ゲート設置 外国旅券証所持者も対象

上海市浦東新区の浦東国際空港と、閔行区の虹橋国際空港に最近、自動出国ゲート「自助通関」が設置されたことがわかった。

設置数は、浦東国際空港1号楼に8カ所、2号楼に9カ所、虹橋国際空港1号楼A楼に9カ所。対象は、中国の電子チップが入ったパスポートを所持している者、電子チップ入り外国パスポートを所有し、且つ6カ月以上の中国居留許可を所持する者などで、指紋登録が完了していることが条件。ゲートでは搭乗チケットやパスポートの出入境証明部分を指定の場所で読み取り、指紋の採取と正面写真の照合をクリアすると通過できる。

 

~上海ジャピオン2017年12月8日発行号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. ~上海ジャピオン2019年6月14日発行号…
  2. ~上海ジャピオン2019年6月14日発行号…
  3. 日本のSPAブランド「niko and…」を展開する企業「アダストリア株式会社」は6月6日(木)、上…
  4. 筋膜リリースで身体爽快――座っている時間が長いせいか、身体のコリが気になりま…
  5. 上海市内の各観光施設や博物館、文化施設では、6月7日(金)~9日(日)の端午節休暇期間中、のべ796…
PAGE TOP