上海のニュース 記事

市で100年ぶりの寒さ記録 冬至前の墓参り客は42%減

上海市気象局によると、市では12月18日(月)早朝に最低気温0度、市郊外ではマイナス3~5度を記録。12月の最低気温としては、1917年のマイナス10・2度に次ぐ寒さだったことがわかった。

また16日(土)は、最低気温0・6度、最高気温も5度以下だった。この寒さの影響を受け、22日(金)の冬至前で、最後の休日となった17日(日)、市内各地にある54カ所の民営共同墓地や納骨堂に墓参りをした市民は、前年比42・24%減の21万1800人だった。なお、今週は晴れが続き気温が回復、23日(土)の最高気温は14度程度になる見込み。

 

~上海ジャピオン2017年12月22日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。