上海のニュース 記事

幼児のテレビ視聴 心理的発育に影響

上海交通大学医学院附属児童医学センターらは最近、市に在住する3歳以下の幼児が、テレビやスマートフォンなどで液晶画面を見る時間が、1日平均2時間42分であったとの調査結果を発表した。

同センターによると、テレビやスマートフォンに触れる頻度が多い幼児は、注意力が散漫になり、心理的な問題を抱える傾向にあると言う。幼児には画面を1日1時間以上見せないことを推奨している。

 

~上海ジャピオン2018年1月5日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。