上海のニュース 記事

政府系機関が週休3日制提言 30年から全国で導入を求める

政府系研究機関の中国社会科学院らは7月13日(金)、上海市を含む中国各地で働く人の休暇に関する提言書「休閑緑皮書:2017―2018年中国休閑発展報告」を発表。全国で30年から労働時間を1日9時間、週休を3日とすることを提言した。

提言書では25年までに、中国沿岸都市の国有企業で試験的に週休3日制を採用。30年に全国の各企業でも導入していくべきとしている。同提言書では、〝休暇〟がよりよい生活に不可欠な要素だと定義。ゴールデンウィークや3連休などの法定休日を撤廃し、労働者が休暇期間を設定できるよう求めている。さらに、25年までに春節休暇に元宵節を加え、8日間とすることを提案した。

中国中央テレビ(CCTV)などが発表した「中国経済生活大調査」によると、17年度における中国人の余暇時間は1日当たり2時間27分で、上海市で2時間14分。アメリカやドイツなどの5時間に比べ、半分ほどとなっている。

6_新浪

(写真は新浪より)
~上海ジャピオン2018年7月20日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海ジャピオンの総数10,000を超える過去記事より検索

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。