上海ジャピオンの特集 記事

上海ローカル土産

feature_P1-1

feature_P1-2

★ポッキー&プリッツ
江崎グリコの定番商品、ポッキーとプリッツは、海外各国で限定版を発売。
スーパーやコンビニでもよく見かける通常商品でも、桃味やマンゴームース味、つぶつぶバナナなど日本では売られていない味も。さらにプリッツは「上海蟹」、「四川料理」、「北京ダック」、「広東フカヒレ」、ポッキーは「ウーロン茶」に「ライチ」と、中国土産らしい味を展開している。小箱12箱入りで小分けにも便利。

★コロン
こちらもグリコの人気商品。旅行で上海を訪れた30代女性によると、オフィスの女子に最も喜ばれたのがコレなのだとか。
確かに「広東ヤムチャマンゴープリン」に「天津甘栗」、「ミルクコーヒー」、「エッグたると」、「ココナッツ・ツバメの巣」、「バナナチョコ」と、スイーツ好きや美容に目がない女性のハートにマッチしそうなラインナップだ。

★柿の種
一方、オジサマたちのビールのお供にはコチラ。日本で有名なのは亀田製菓の商品だが、米菓メーカー「マスヤ」のグループ会社「万寿家天津食品」が中国で発売している。味は「四川麻辣」、「北京ダック」、「上海蟹」の3種。
ちなみに同社商品に「天津甘栗入り栗羊羹」や「天津甘栗入りチョコ」もある。お母さんへのお土産にオススメだ。

★リプトンティー
世界各国に進出する紅茶メーカーも、漢方系など中国オリジナル商品を多数展開。
中でもローズティーは、色合いも香りも華やかな一品だ。また、お湯を注ぐだけのインスタントティーは「原味」に「タロイモ」、「チョコレート」など、ジューススタンドのようなメニュー。プラスチックカップ入りと、マグカップで飲むスティックタイプがある。

 

feature_P2-1

★金華ハム
浙江省は金華地区の特産。スペインの「ハモン・セラーノ」、イタリアの「プロシュット・ディ・パルマ」と並び、〝世界三大ハム〟に数えられる高級食材だ。
とはいえ本場中国なら、日本よりもずっと安く手に入る。実際にあげた人から「野菜と一緒に炒めるとおいしい」との声あり。

★おつまみ類
量り売りの、味付き個包装おつまみ類は、市内の街角でよく見かける「哈爾濱食品」や「長春食品」など、ローカル食品店で売られている。アヒルの舌や首、嘴、手など日本ではなかなか食べられないものを「ちょっとだけ試してみたい」というニーズにマッチ。麻辣味の「押し豆腐(豆干)」や、卵の白身を固めた「鶏蛋干」はハマる味だ。

★レトルト調味料
上海へ遊びに来た知人から「日本に帰った後、本格中華が恋しい」と訴えられたら、次の帰国時にはコレを渡そう。アメリカの調味料メーカー「マコーミック」の上海法人による、中国家庭料理シリーズだ。麻婆豆腐や紅焼肉、トマトと卵のスープなど、定番中華がお手軽に楽しめる。ただし、裏面の調理法を翻訳したメモを付けるのを忘れずに。

★フルーツティー
烏龍茶にプーアル、鉄観音、龍井茶…片っ端からお土産にしたものの、飲みきれず実家に溜まっていく中国茶。趣向を変えたいなら、多種のドライフルーツが入ったフルーツティーはいかが? ガラスポットに注げば、透き通ったきれいな赤色が美しく、フルーツが宝石のように輝く。ビタミンA、B、C、Eが豊富で、美肌効果も見込める。

 

feature_P2-2

★止血鎮痛絆創膏
製法は〝国家機密〟という、何やら物々しい絆創膏。パッケージには止血、鎮痛、消炎、治癒と書かれ、効能が多岐に渡ることが見て取れる。
貼ってすぐは少々ピリピリ染みるが「効いてる証拠って感じ」、「逆剥けが一晩で治った」など、ポジティブな意見が多い。ほかに瓶入りの粉末タイプや、打ち身に効くスプレーもあり。

★酔い止めパッド
ツライ乗り物酔いに悩む人に朗報! これなら、水を買い忘れて酔い止めを飲めない時にも、お手軽に済む。
貼る場所は耳の後ろ。乗り物酔いの元凶である三半規管に近いところに貼ることで、効き目が増すのだろうか。主要成分は薄荷とショウガ、乗る2時間くらい前に貼るのが良い。

★スイカパウダー
中国では夏になると、山のように売られるスイカ。どう考えても、あんなに食べきれるわけがない…と思っていたら、意外な活用法があったようだ。
これはスイカの汁の結晶を、粉末状にしたもの。消炎解毒作用があり、のどの痛みや口内炎に効くという。また身体の傷やニキビにも使用可。ちなみにスイカの味はしない。

★人体経絡模型
全身に広がるツボの位置を示した模型。体長は約50㌢。中国でマッサージにハマった人が、自宅でも自分でやりたいと、よくこれを買って帰るそうだ。
子どものいる家庭なら、リカちゃん人形と間違えられてしまわないよう注意。ツボの集中する耳の模型もあり、こちらは20元。

 

feature_P3-1

★漢方アイマスク
デスクワークが多い人からよく聞かれるのが「まぶたが痙攣する」、「頭痛がする」という声。このアイマスクには薄荷や菊の花からの抽出物が含まれ、目の使い過ぎによる眼精疲労を和らげてくれる。1日中パソコンとにらめっこの生活を送る人に喜ばれる。冷蔵庫で冷やしておいて、お風呂上りに使ってね、と勧めよう。

★便秘解消パッド
染付陶器のような、上品さ漂うパッケージに誘われるも、中に入ったパッチにはムカデやタツノオトシゴ、得体の知れないキノコの絵柄…。でも、何だか効きそう! と思い、便秘に悩む友人へのお土産にしてみたところ、喜びのメールが届いた。焦げ茶色の丸いパッドをヘソに貼って寝ると、朝には緩やかなお通じがあったとのこと。腹痛もなく、非常に快適だったそうだ。

★足スッキリシート
貼って寝るだけで、体内の毒素を排出してくれる、という優れモノ。寝ながらにしてデトックスができる、というわけだ。もちろん起きている時に使ってもOKだが、8時間ほど貼ったままにする必要があるのと、強烈な漢方臭がするので、仕事場での使用はオススメしない。使用後は、シートがどす黒くなるのでビックリしないよう伝えてあげよう。

★グワシャー板
こちらもデトックス用品。身体の疲れが溜まったところや、リンパの滞った部位に沿って使い、新陳代謝を促してくれる。もちろん顔にも使用可。素材は水牛の角や石など、また形も長方形から雲形、櫛形など豊富なので、目的と用途に合わせて選ぼう。

 

feature_P3-2

★ジャージ&スニーカー
ジャージは上海の若手デザイナーによるブランド「能猫商店(www.nengmao.com)」のもの。旧字体を用いたデザインに渋い色合いは、日本のレトロファッション好きにもウケるだろう。同ブランドのスクールバッグもオススメ。続いて上海の老舗メーカー「Feiyue(飛躍)」の靴。定番は白地にトリコロールカラーだが、色、素材、カットの深さなど多数の商品を展開。
ジャージにバッグ、スニーカーを揃えて、日本のオシャレ友達にプレゼントしよう。

★丼マグネット
お土産物屋などでよく見かけるアイテム。スイーツや麺、蓋澆飯(ぶっかけ丼)など、実際の中華メニューを精巧に再現している。キーホルダー版が多いが、店頭で「マグネットにして」と言うとチェーンを外して裏に磁石をつけてくれたりもする。

★鴛鴦火鍋専用鍋
「本場の火鍋を日本でも食べられたら」との声はよく聞くが、買って帰った人、お土産にねだる人がいるという。有名火鍋店「海底撈」の鍋スープの素と一緒にあげると良い。

★ウールストール
田子坊に本店を置く、ストール専門店「woo嫵」。シルクやカシミアも扱っているが、ウール製が一番人気だとか。触感も良く、上海に住む日本人にも人気のブランドだ。

 

~上海ジャピオン2014年12月12日号

上海ジャピオンの特集 ページランキング トップ10★

  1. 珈琲時間の作り方
  2. ワザあり! 精進料理
  3. 激アツCSL(中国サッカー)
  4. 青年起業家の挑戦
上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。