上海ジャピオンの特集 記事

エンタメ&フード 続々・上海ワクワク 遊食探検

特集-P01-1

特集-P01-2

 待ち時間には記念撮影

遊 「星遊城」ってわりと前からあるモールだけど、ココに海賊レストランができたの?

 そうそう、何ができるのかな~と思ってたら、いきなり岩山が出現! 窓もなくて外から覗けないから、今日は中に入るのが楽しみだよ~。

遊 見て、お店の前に何か置かれてる。〝我是無辜的〟ってコレ、罪人を捕えておく道具よね。待ってる間に写真を撮って遊べるわ♪

 今日は並ぶ必要もないし、さっさと入ろうよ~、お腹空いちゃった。

遊 もう、ショーくんったら。いつもここでウンチクを始めるくせに。

ボーダーTでの来店NG

 お、中央のステージでベリーダンスショーをやってるよ。この雰囲気の中だと〝踊り子〟って呼びたくなるね。

遊 店員さんはみんなボーダーのTシャツ姿で、下っ端の海賊って感じね。すいませ~ん…っと、あらら、この人はボーダーシャツを着てるけどお客さんだったわ。紛らわしいわね。

 さて、オススメは~? 「海陸大拼盤」(98元)に「香烤手扒鶏」(98元/700㌘、158元/1400㌘)か。2人だし、鶏は小さい方にしよう。

遊  わぁ、鶏は運んできてから火を点けるのね! …でももう焼けてるし、燃え方もショボいわ…。あっちのテーブルの方が豪快ー。

 まあまあ、きっと新人なんだよ。お、船長っぽい人がステージでゲームを始めたよ。

遊 船長っていうか、ジャック・スパロウ似のイケメンじゃない、私ちょっと行ってくる!

シ あ~あ、もう1人で食べちゃおうっと~。

特集-P01-3

 

特集-P02-1

店員が敬礼でお出迎え

遊 「大隊長」って、マーベルコミックの『キャプテン・アメリカ』とかかな~と思ったらビックリ。国家のリーダー様だったのね。

 そうなんだよ。1960~70年代の中国をモチーフにしてるんだ。同じ時代の工場をテーマにした「老工廠重慶火鍋」って店がすぐ近くにあるんだけど、経営は別だって。

遊 最近、〝80年代レトロ〟が流行ってるものね。紅衛兵のユニフォームを着た店員さんが、敬礼してくれたわ! 気分出るわね~。

 プロパガンダのポスターから出てきたみたいだね~。三つ編み姿がカワイイ♪

遊 もう、ショーくんったらデレデレしないで!

服務員ならぬ〝同志〟

 メニューが豊富だねぇ、四川風の9つに仕切られた〝九宮格〟もいいけど、好きなスープ(鍋底)を2種類選んで組み合わせる〝鴛鴦〟がやっぱりスタンダードかな。

遊 だったらコレとコレの「双味鴛鴦鍋三鮮牛油」(78元)がいいわ。具材は…そうね「大隊特色巴掌肉」(38元)と「太陽肉」(38元)、竹籠に入ってる「大隊豆花」(22元)はマストでしょ。

 じゃ、草食男子のボクが野菜類を追加して…っと。「酸菜炒飯」(15元)も忘れずに。

遊 わぁ、「巴掌肉」って大きいお肉! 厚くて食べ応え満点ね。「功夫土豆」(12元)は、ホント〝功夫技〟ってくらい薄くて、しゃぶしゃぶで食べられちゃいそう。

 あーお腹いっぱいだよ、お会計しよう。服務員さーん、おーい、聞こえないのかな?

遊 同志~! 来たわよ。

 あ…そういう呼び方しないとダメなの(笑)?

特集-P02-2

 

特集-P02-3

8号線の果てのレストラン

遊 「火車桟」? ショウくん、駅は「桟」じゃなくて「站」よ。「桟」じゃ民宿のことになっちゃうじゃない。

 ところが違うんだな~。まあ、行ってみればわかるよ。

遊 ――で、8号線の終点から3つ手前、けっこう遠かったわね。

 まあね、この店の場合、敷地面積をけっこう取るからね。

遊 もう、またそんな意味深なことばっかり言って! お店はどこなのよ。

 そうカリカリしないで、ほらココだよ、70~90年代に使われてた蒸気機関車の車両をそのまま活用してるんだ。4両も置くにはやっぱり郊外じゃないとね。

 

長距離の旅行気分

遊  すご~い、食堂車はレストラン、寝台車はゲストハウスになってるのね!

 遊子ちゃんがお寝坊だから、もうランチタイム終わっちゃったよ。寝台車が空いてるから、ここでのんびりお茶でも飲みながらディナータイムを待とうか。

遊 「アフタヌーンティーセット」(158元/2人)がお得みたいよ。ランチは15元~、2人で68元に3人で98元、4人は128元と158元のセットもあったのね…。

 まあまあ、天気もいいし、本でも読みながらゆっくりしようよ。

遊 私はちょっと探検してくるわ。鉄道オタクじゃなくたって、これはテンション上がるもの!

 そうだね、シャワー室のほかに、車両の間にはガラスで覆われたちょっと大人数用の個室もあるよ。そうだ、あそこの駅舎に店員さんいるから、ついでに呼んできてよ…っと、もう行っちゃった。

特集-P02-4

 

特集-P03-1

靴に彩られた店内

 今日の店は、遊子ちゃんに合わせてチョイスしたんだ。

遊 イケメン執事がお姫様抱っこしてくれるお店?

 ウェイターの制服は執事っぽいかな、でもイケメンかどうか…。それにお姫様抱っこは無理かも…。

遊 えーっ、だったら行かなーい。

 そんなこと言わずに。きっと楽しめるから…あ、もう着いちゃった。

遊 あら、ピンクの外壁。に、パンプスがたくさん飾ってあるわ。カワイイじゃない~。

 よ、よかった~。

 

靴と食事、メインは?

遊 壁のバレエシューズ、バレリーナが踊った足跡みたい。2階の席に通されるのね…ってヤダ、イケメンいるじゃない! お兄さん、店内を案内してくれるかしら?

 黒いタキシード姿にすっかり目が眩んじゃったようだね。いいよ、オーダーはボクが適当にしておくよ。「スモークサーモンとアボカドのサラダ」(78元)に「マッシュルームクリームスープ」(58元)、「パルマハムとアスパラのペンネ」(68元)、デザートは「フォンダンショコラ」(68元)っと。

遊 あっちの壁、着せ替えドール「ブライス」がいっぱい! トイレはドレッシーなメイクルームだったわ! それからあっちの奥、販売用の靴がたくさんあるの!

 オーナーの趙さんは、イメルダもビックリの靴道楽らしいよ。ご主人は彼女のために「趙小姐不等位」っていうレストランをオープンしたそうだし、欲求のままに生きる女性だねえ。

遊 設計は中国台湾の建築家、王平仲ですって。リフォーム番組で有名な人よね。ねえ、靴も買ってくれるのよね?

 うんうん、…え。1足1000元!?

特集-P03-2

 

特集-P03-3

ベストセラー小説の映画化

遊 今回はいろいろ盛りだくさんなお店ばかりで楽しいけど、最後まで大丈夫かしら?

 もちろん。とっておきのお店を残してありますとも。

遊 あらすごい自信。早速行きましょ。

 じゃじゃーん、あの有名な長編SF小説『三体』のレストランだよ~。しかもロケーションは、外灘のフェアモント・ピースホテル隣!

遊 三体? 何ソレ。

 え、えええ~。中国のSF小説で、2006年に1冊目が出版されてベストセラーになって、10年に完結した3部作で、英訳も出てるんだよ~。来夏、映画が公開予定で…。

映画? やだ、主役はウィリアム・フォン(馮紹峰)じゃない! よーし入っちゃお♪

ユニークなメニュー

 …またしても首の皮一枚で繋がった感…。

遊 何ブツブツ言ってるの? 店員さん、長身で超ジェントルね。サービスでサンザシのオードブルが出てきたわ。

 メニューを見てよ、「葉文潔的最愛(フォアグラとテリーヌ)」(98元)に「執剣的螃蟹(タラバガニのタリアテッレ)」、「三体人的弾薬庫(アスパラのソテー)」(48元)だって。

遊 葉文潔ってのがもう1人の主役ね。張静初が演じるのか、いいじゃない。あら? カクテルの名前、「很高興遇到你」ですって。

 うん、作家の韓寒が経営するレストランの系列なんだ。作家仲間ってことで、かな? 映画の撮影が終わったら、小道具も飾られる予定らしいよ。

遊 でもってウィリアムも来るわよね、楽しみ~♪

特集-P03-4

~上海ジャピオン10月30日発行号

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。