上海ジャピオンの特集 記事

開けてビックリ!? 中華缶

659-P1-1659-P1-2

①牛肉午餐肉罐頭

中国における肉系缶詰の代表格といえば「午餐肉」。いわゆる「スパム」だ。使う肉は豚肉が一般的だが、今回は珍しい牛肉タイプを発見。普通は炒めたり、蒸したり、火鍋に入れたりして食べるが、この牛肉の午餐肉は、そのまま食べても十分おいしい! 子どもの頃によく食べた、懐かしいコンビーフの味がした。

②糖醋排骨罐頭

お次は料理系の肉の缶詰。商品名とパッケージ写真に、期待が高まるも…缶を開けると、角切り肉がゴロゴロ。食感は確かに骨付き肉。でも、とにかく甘~い! リサーチ班の間でも、残念ながら評価は低めだった(涙)。白く凝固した油のようなものが混じっていたので、温めるともう少し風味が出るのかも?

五香肉丁罐頭

続いても、魅力的な商品名に惹かれる一品。こちらは若干小さめの角切り肉。五香風味?いやいや、もっと複雑な味。正直、好き嫌いが分かれそうなところだが、ローカルの酒呑みには好まれそうな味だと思った。

④香菇肉罐頭

最後は挽肉と甘辛ソースを混ぜた〝中国版ミートソース〟系を紹介。甘さの中にもシイタケの風味が効いていて美味。そのまま食べると味が濃いので、白米や粥に載せたり、麺に絡めて食べたりするといいかも。

⑤古

パッケージからして〝ザ・中国〟なこちらの缶詰も、フタを開けると挽肉ソースがぎっちり。とにかく甘じょっぱく、味が濃い。こちらも白米のおかずや、チビチビ舐めながら酒を飲むのにどうぞ。

659-P2-1

①鳳尾魚罐頭

パッケージのイラストに「メダカ…?」とギョッとしたリサーチ班も少なくなかった。この魚はカタクチイワシ科のエツで、中国語では「鲚(ji4)」と書き、通称〝鳳尾魚〟とも呼ばれる。

全長30㌢ほどで尾の長い小魚が、佃煮のように甘辛く煮付けられたこの缶詰は、酒の肴にピッタリ。小骨が多いが、それが程よい歯応えになり、ビールがグイグイ進むこと間違いなし。

②豆豉鯪魚罐頭

こちらも見慣れない魚がパッケージに載っている。「鯪魚(ling2yu2)」とは淡水魚のケンヒーを指し、中国ではソウギョやハクレンと並んでよく食べられる魚だ。川魚の独特な臭いが苦手な人も多いが、これは臭みが少なく、骨ごとパクッといただける。豆豉の酸味がアクセント。

③茄子咖醤金槍魚

今回の試食会で、一番支持を得たのがこの缶詰。フタを開けると真っ赤なトウガラシが目に入るが、見た目ほど辛くはなく、ソースがまるでタイカレーのように爽やか。

ゴロッと入ったツナも食べ応えがあったが、とにかくソースの出来栄えが素晴らしい。これを白米に掛ければ、おいしいカレーのできあがりだ。

④辣椒豆豉鰻魚

言わずと知れた高級魚、ウナギの缶詰ということで期待が寄せられた一品。ウナギを口に入れると、まずドロッと甘いソースの味が口に広がり、続いてツーンとした辛さが鼻を抜ける。ほぼソースの味しかせず、ウナギじゃなくてほかの魚でもよかったのでは?と高級魚の存在意義を問い詰めたくなった。

659-P2-2

①油浸沙丁魚罐頭

日本でも密かなブームを起こしたという「オイルサーディン」。マイワシなどの小魚を油に漬け缶に詰めたもので、そのまま食べてもよし、料理に加えてもよしと、アレンジの幅の広さや手軽さが好評だ。

今回訪れたスーパーでも、サーディンの缶詰がたくさん見付かった。まずはオーソドックスなこの缶詰から…茶色いソースから魚を引っ張り出すと、予想以上に大きい。これはマイワシではなく、ウルメイワシなのかも?若干魚の臭みを感じるものの、あっさりとしておいしい。ただ大きい切り身をそのまま食べると飽きるので、パスタに混ぜるなどして食べた方が◎。

番茄汁沙丁魚

一瞬チキンの缶詰と見間違えるほど、企業のロゴがデカデカと書かれたサーディンの缶詰。こちらはトマトソースに漬けられており、先のサーディンと比べるとツヤツヤとして食欲をそそる。ただ魚だけを食べるとトマトの風味が薄いので、一緒に入っているソースをドバッと掛けた方がいいかも。

③辣醤沙丁魚

ついにパッケージから魚のイラストが消え、見た目は謎の缶詰。味は可もなく不可もなくといったところ。辛さはそこまで感じなかった。

④金槍魚罐頭 日式照焼味

さて最後にツナシリーズを紹介。日式照り焼き味と書かれたこちらは、某ファーストフード店のチキンナゲットに付けるBBQソースのような味がした。ジャンキーな味が好みの人にはオススメ。

金槍魚罐頭 四季沙拉味

サラダ味ってどんな味?と疑問に思いながら口に運ぶと、マヨネーズの味しかしない。むしろこれをサラダに掛けて食べるとおいしいかもしれない。

659-P3-1

①油燜筍罐頭

上海料理店でよく見掛ける、タケノコを甘辛く炒めた料理「油燜筍」。内容量400㌘と手にずっしり重いこの缶詰、中のタケノコは柔らかく、濃厚な味付けで食べ応えあり。皿に盛ればおかずの一品として立派に活躍してくれそうだ。

②麺筋

中国台湾に行ったことがある人ならピンとくる家庭の味。「麺筋」とは小麦粉でできた麩のような食べ物で、中国や中国台湾では朝食時に、粥と一緒に食べるのがメジャー。

口に入れるとふわっと甘さが広がり、日本のいなり寿司に使う甘い油揚げを連想させる。この缶詰は中国台湾からの輸入品で、現地では「花生(ピーナッツ)味」が人気なんだとか。

③番茄汁

パッケージを見て、大豆のトマト煮込みかな? と思ったら、大豆ではなくフジマメという、白豆に煮た大きく柔らかい豆が使われているそう。マレーシアが原産国で、確かに東南アジアのホテルの朝食メニューに出て来そうな料理。ちょっと味付けが薄いかなと感じたが、温めるとトマトの風味が増しおいしく食べられそうだ。ちなみに今回購入したのは食物繊維たっぷりタイプだったが、どこに特徴があったのかは不明。ほかにピリ辛味やチーズ味がある。

④玉米粒

日本人にとって馴染み深いスイートコーン、中国で買っても変わらぬ味なのでご安心を。粒も潰れることなく均一でキレイ。トウモロコシの原産国はタイのようだ。

 

~上海ジャピオン2017年12月22日発行号

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。