未分類 記事

停電時間を短縮 20年までに5分以内

上海質量管理科学研究院らは最近、停電をせずに電気回線の修理やメンテナンスを行うための指南書を作成。これによると、市内中心エリアでは年末までに、マンション一部屋当たりの年間平均停電時間を10分間短縮できることがわかった。

また2020年までには、年間の平均停電時間を一部屋5分以内に収めると言う。現在は、回線故障の修理で40分、回線工事で4~5時間の停電が発生しているのが現状。

 

~上海ジャピオン2018年5月18日発行号

未分類 ページランキング トップ10★

    None Found

未分類 過去の記事

上海ジャピオンの総数10,000を超える過去記事より検索

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。